平成30年第3回定例会 請願文書表

請願2

受理年月日30.8.27
件名消費税の10%増税を中止し、税金の使い道を改めるよう求める請願
提出者
奥州市水沢字久田62 胆江民主商工会内
消費税廃止胆江地区各界連絡会 会長 亀梨 恒男
紹介議員
  • 千葉 敦議員
  • 瀬川 貞清議員
  • 菅原 明議員
付託委員会総務常任委員会
要旨
第2次安倍政権が始まって以降、庶民の生活は苦しく、大企業と中小企業、富める者と貧しい者、都市部と地方の格差は拡大するばかりである。
政府は、消費税増税を財源に社会保障の充実や財政再建を進めると強調しているが、国会では、社会保障削減や軍事費増額について議論している。
低所得者ほど負担が重い消費税増税を進めれば景気の悪化を招くことにもなるため、大資産家・大企業に応分の負担を求める税制へ抜本的な見直しを進めるとともに、税金は社会保障等に優先して使うべきである。
格差と貧困の是正及び景気回復のためにも、消費税10%への引き上げを中止するとともに、税金の使い道を改めるよう求める意見書を国に対し提出するよう請願する。
備考