地域おこし協力隊 カヌー普及推進員(2021年3月任期終了)

2018年4月より地域おこし協力隊 カヌー普及推進員として活動されていた藤野さん。任期満了後の2021年4月以降も奥州市に定住され、地元企業に就職し、引き続きカヌーの普及推進に力を注いでいます。

藤野浩太 隊員
藤野浩太(ふじの こうた)さん
出身地:東京都青梅市出身(Iターン)
移住時期:2018年4月
地域おこし協力隊に着任(単身で移住)
職業:会社員(株式会社ひめかゆ)

■任期中の活動について

「カヌー普及推進員」として、体験会などを通じたカヌー競技の普及、競技大会の運営支援、カヌーに関した情報発信などを行いました。子ども会や地元小学校の授業でカヌー体験を行い、定期的に開催した週末カヌー教室には多くの人に参加いただきました。また、日本代表チームなどからも高い評価をえている奥州いさわカヌー競技場で開催されたジャパンカップやNHK杯に自身も競技者として出場しました。

■奥州市の印象について

着任当初から、奥州市の自然豊かでのんびりとした雰囲気が、自分に合っていて住みやすいと感じています。それは3年たった今でも変わりません。

■奥州市での今後の活動について

(株)ひめかゆの社員として、カヌーやSUP(サップ)のツアーを中心となって企画しながら、胆沢ダム周辺の素晴らしい景色の発信もしていきたいです。また、自分のカヌーのスキルアップを図りながら、4月に立ち上げたジュニアクラブチームの指導者として、競技者の育成にも力を入れていきたいです。