奥州市での暮らしQ&A

奥州市への移住を考えている方向けに、奥州市での暮らしに関するQ&Aをまとめました。

日常生活に不便はないか、医療・教育環境は整っているかなど、多くの方々が不安に思われることにわかりやすく回答します。

車がないと不便ですか?

電車やバスなどの便数が少ないため、通勤や買い物には車がないと不便です。共稼ぎ世帯では夫婦で2台車を所有することが一般的で、子どもを含めて3台以上ということも珍しくありません。

日常の買い物に不便はないですか?

市内には大型スーパーが数店舗あり、各地にコンビニエンスストアもあるため、日常の買い物に困ることはありません。また、県庁所在地である盛岡市へは新幹線で約30分、東北を代表する都市である仙台市へは約40分と、各地へのアクセスも良好です。

保育所、幼稚園、学校、医療機関はどのくらいありますか?

奥州市には、保育所・幼稚園・認定こども園が53施設、小学校が27校、中学校が10校あります。また、医療機関は、病院・医院は80施設、歯科医院は50施設以上あるほか、夜間・休日診療所を設置しています。

学校、保育所等については、子育て・教育をご覧ください

移住に対する補助制度はありますか?

東京圏から奥州市へ移住し、就業または起業した方を対象に「移住支援補助金」を交付します。要件など詳しくは下記リンクからご確認ください。

分譲地や空き家バンクに掲載されている物件の現地案内はしてもらえますか?

可能です。現地案内をご希望の場合は、事前に予約をお願いします。受付時間は平日の8時30分から17時15分までとなっております。詳しくは下記リンクからご確認ください。

現地を見学する際に市内で宿泊できる施設はありますか?

JR東北本線水沢駅周辺を中心にホテルがあります。参考として下記リンクをご覧ください。

福島第一原子力発電所による放射能の影響はありますか?

市内の放射線量等の状況や対策の方針については下記リンクからご確認ください。

奥州市の食べ物はおいしいですか?

日本最高峰のブランド牛「前沢牛」や、「米の食味ランキング」で23回の最高ランク特Aを得た「奥州市産ひとめぼれ」、食味・品質の高さから最高級品として取引される「江刺りんご」など、奥州市には全国的に有名なブランドとなっている数多くの農畜産物があります。市内の産直などでは、こうした新鮮でおいしい食材がたくさんそろっています。

奥州市で仕事を探したいのですが。

市内の主要な勤務先としては、工業団地内の企業や商業施設、飲食店などがあります。仕事を探す場合は、ハローワーク水沢のほか、ジョブカフェ奥州へお気軽にご相談ください。

新たに事業を始める場合に活用できる制度はありますか。

起業を目指す方や新規出店者への支援制度があります。

制度の詳しい内容、申込み手続きについては、「おうしゅう」で働くをご覧ください。

奥州市にはどんな企業が立地していますか?

半導体製造装置メーカー大手の東京エレクトロン東北や、関東化学、田中貴金属、フジキン等が立地する江刺中核工業団地・江刺フロンティアパーク等の工業団地を始め、市内にはたくさんの企業が立地しています。

レジャー施設はどんなところがありますか?

奥州藤原氏初代清衡生誕の地である奥州市江刺には、歴史公園「えさし藤原の郷」があります。映画や人気ドラマのロケ地としても人気を集めており、古代から中世にかけての東北の歴史文化を体感できるテーマパークです。 その他市内には、「種山高原星座の森」「衣川ふるさと自然塾」「つぶ沼キャンプ場」など、奥州市の自然を満喫してゆったり過ごすことのできるコテージ・キャンプ施設もあります。冬場には「国見平スキー場」「ひめかゆスキー場」「越路スキー場」などのスキー場で日帰りでもスキー・スノーボードが楽しめます。

奥州市から岩手県各地へはどのくらいかかりますか?

奥州市では高速道路、JR線などが充実しており、県内各地へのアクセスも便利です。所要時間はあくまで目安であり、季節や天候によって変動しますのでご了承ください。

奥州市から岩手県各地へ