奥州市の気候・積雪量

奥州市の気候・積雪量についてまとめました。

気候

奥州市は東西方向に長く伸びた地形のため、気温や降水量は地域間の格差があります。市の西側、焼石連峰沿いは、標高も高く日本海側の影響を受け、降水量、降雪量も多くなっています。生活圏となる市の中央から東側の北上山地にかけては、内陸性気候、盆地性気候に属しています。

 札幌盛岡奥州秋田仙台新潟東京名古屋大阪
平均気温9.410.811.412.112.913.916.616.216.9
最高気温33.634.735.635.135.436.136.837.737.3
最低気温-12.0-11.5-13.0-6.8-5.9-3.7-1.4-3.3-1.4
真冬日の日数
(最高気温0℃未満)
46.619.016.011.40.80.60.00.00.0
真夏日の日数
(最高気温30℃以上)
11.629.038.628.229.438.255.472.872.4

※数値はH23~27の平均値(資料:気象庁)

※奥州市は江刺愛宕の数値

積雪量

太平洋側に位置する奥州市は、雪の多い北海道・東北地方の中でも比較的雪の少ない地域ですが、冬場に自動車を運転する際はスタッドレスタイヤが必須となります。例年初雪が観測される11月頃からタイヤ交換を行う方が多くなります。

過去5年間の最深積雪量の平均は、札幌市の101.8cm、青森市の126.8cm、秋田市の44.8cmに対し、28.8cmとなっています。平野部では年々積雪量が減少していますが、市内や近隣市町にはスキー場が多く、ウィンタースポーツが楽しめます。

なお、岩手県内をみると、岩手県庁所在地である盛岡市は37cm、奥州市の北側に位置する北上市は49.4cm、南側の一関市は27.6cmとなっています。