HOME >> 暮らしと水道

  水道の凍結について

▼マイナス4度以下は水道凍結の赤信号
 気温がマイナス4度以下になると水道が凍結したり破裂することがあります。
 真冬日が続くときや、旅行、出張などで長期間留守にするときには、水抜きを行い水道の凍結を防ぎましょう。
 
▼水抜きの正しい操作
水を抜くとき
水抜き栓を右に止まるまで回して閉める
じゃ口を全開にして水を抜く
水を出すとき
じゃ口を閉じる
水抜き栓を左に止まるまで回して開く
水抜き栓が半開きになると漏水し、高額の料金を負担することになりますので、必ずきっちりと開閉してください。
アパートの通路や階段の下、一般住宅の玄関先、駐車場などにあるメーターは、積雪による保温効果がなく、凍りやすいものです。乾いた布切れや断熱材の入ったポリ袋を、メーターボックスの中に入れて保温してください。また、上には厚いベニヤ板などを置くと、保温効果がより高まります。

▼もしも凍結したら
じゃ口が凍ったとき
じゃ口にタオルをかぶせて、ゆっくりお湯をくり返しかけて溶かす(タオルをかぶせるのは、お湯の余熱を利用するため)。
立上り管が凍ったとき
防寒水栓柱の外ぶたと保温用の発砲スチロールをはずし、立上り管に直接お湯をくり返しかけて溶かす。

▼凍結・破裂などの修理は指定工事事業者へ
 無許可の業者に工事を依頼したために、思わぬトラブルが発生したケースがあります。凍結や破裂などの修理は、水道工事を請け負った指定工事事業者か、最寄りの指定工事事業者へ申し込んでください。
 また、修理費用はお客さまと指定工事事業者の間で取り決めていただくことになっています。
 
▼簡単な漏水の見つけ方
 家中の水を一滴も使わない状態で、メーターのパイロットが動いているか確認してください。
  ・じゃ口を全部閉める
  ・トイレを使用しない
  ・タンクのある家は、タンクが満水になるまで待つ
 この状態でメーターのパイロットが動いていたら、どこかで水が漏れています。
 漏水の疑いがあったら、最寄りの指定工事事業者か、水道部へ連絡のうえ、すぐ修理しましょう。

MicrosoftInternetExplorer5.5以降のブラウザの使用をお勧めします。
PDF形式のご利用にあたっては、アドビ社が無償配布する「Adobe Reader」の組み込みが必要になります。 ご使用になっていない方は右のボタンをクリックしてダウンロードしてください。

本ホームページに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。
すべての著作権は奥州市に帰属します。
Copyright(C) City oshu Iwate.All-rights reserved.