牛乳出荷風景

 前沢町での乳牛飼育について明治時代の状況は詳しくわかりませんが、元町長の木村順一氏(七日町)が生まれた大正6年(1917)には、父親の順治氏が既に牛乳屋を営んでいたといいます。何時から営業を始めたのかは不明ですが、明治後期には営業を始めていたと思われます。当時、旧前沢町内では木村牛乳(七日町)と卓地牛乳(平小路)の2軒だけだったそうです。当時、前沢町の町裏は草原で、その豊富な草と豆腐屋から出るおから、若干のフスマによって乳牛が飼育されていました。順一氏が幼かった頃は、牛乳缶を担いで量り売りしており、瓶に入れて売ったのはだいぶ後だったといいます。昭和8年(1933)の内務省令37号により、衛生管理について取り締まりが厳しくなり、ミルクプラント設営の必要から、前沢と水沢の搾乳販売業者が集まって「胆澤牛乳商業協同組合」を設立しましたが、昭和28年頃に木村牛乳は閉店しています。その理由としては、草資源の減少や町中でウシを飼育する衛生的な問題があったそうです。昭和15年(1940)の胆澤郡の乳牛戸数が10戸であることから、まだ当時、乳牛の飼育が一般的でなかったことがわかります。
 やがて、戦後の無家畜農家解消運動などにより、様々な家畜が前沢町(旧前沢町、白山村、古城村、生母村)にも導入されます。昭和30年代にかけて増加した家畜は、役肉用牛が最も顕著ですが、乳牛もこの時期に導入され、現在、酪農家の鈴木清人氏(古城横道)では、戦後すぐに乳牛を導入したそうです。昭和30年代は、最も乳牛飼育が盛んな時期です。保科承家氏(前沢狐石)、蜂谷庄一氏(前沢赤坂)では、いずれもこの時期にホルスタインを導入しています。当時は、明治乳業?と雪印乳業?でミルクの奪い合いをしているような状況で、「水は低い方に流れるが、ミルクは高い方に流れる」といったそうです。飼育農家戸数が最も多かったのは昭和37年(1962)の334戸ですが、平均で1農家あたり1.7頭と少ないものでした。また、ホルスタインを役用に用いた人も多く、役、乳および肥料の3用途兼用の性格が強かったようです。昭和40年代に入るとトラクターの普及により役肉用牛は肉用としての性格を強くして頭数が増加しましたが、酪農経営を目指し、やや大規模化した数戸をのこして、乳牛は減少していきました。昭和50年頃には塔ヶ崎にあった明治乳業?の集乳所も撤退しています。
 前沢町でのミルクの利用は、戦前までは病人や幼児などの利用がほとんどでした。また、昭和30年代は、質の劣る牛乳でも現金収入となったため、乳牛の飼育農家でもほとんど飲まなかったといいます。しかし、そのころから家庭用には、山羊が飼育され、そのミルクを飲んだ経験がある方も多いようです。山羊の頭数は昭和32年(1957)に最も多く、298頭となっています。学校での完全給食は、昭和35年(1960)の前沢小学校が最初で、脱脂粉乳が出されています。しかし、蜂谷庄一氏によると昭和32年(1957)の冷害時に上野原小学校では、集団の子供たちに脱脂粉乳とパンの給食がでてうらやましかったと話しています。白山小学校では昭和22年(1947)に脱脂粉乳給食が開始されるなど、戦後の早い時期から学校給食での利用があったようです。

■牛乳出荷風景
 提供:保科承家氏(前沢町孤石)

カブを給餌されるウシ

■カブを給餌されるウシ
 提供:鈴木清人氏
 (前沢町古城横道後)

前沢町の学校給食
前のページ ミルクトップへ 次のページ