■ 館員の研究活動


※下線は牛の博物館職員

2014年

Oikawa T., Suda Y. and Uchida H. (2014)Genetic property of a new reproductive trait derived from calf market records of beef cattle. Proceedings of the 16th AAAP,1520-1522,2014.

Suda Y, Uchida H. and Suzuki K.(2014) Relationships among DNA methylation patterns in each uptstream CG region on the 22 of genescontrolled by epigenetic system and economic traits in Japanese Black. Proceedings of the 10th World Congress of Genetic Applied to Livestock Production, http://asas.org/docs/default-source/wcgalp-posters/730_paper_9292_manuscript_1562_0.pdf?sfvrsn=2.

内田宏,黒澤弥悦(2015)日本固有のウシ品種の飼育状況と遺伝的多様性低下並びに保全対策. 在来家畜研究会報告 27:47-60.

内田宏,川田啓介(2015)「肉用牛の科学」 第2章わが国における肉用牛産業 1.品種.23-30,養賢堂.

内田宏,須田義人,及川卓郎(2015)分娩間隔と連産性形値の遺伝的パラメータと選抜効果の比較. 肉用牛研究会報,98:85-87.

川田啓介(2015)「日本人と馬−埒を数える十二の対話」.東京農業大学出版会.

2013年

内田宏 (2013) 宮城県における明治期から昭和40年代までの肉用牛生産と品種の変遷. 在来家畜研究会報告, 26:151-175.

万年英之,内田宏 (2013) ウシの起源と品種.広岡博之編,「ウシの科学」.1-15, 朝倉書店.

内田宏(2013)おもな家畜ウシの品種と日本在来種一覧.広岡博之編,「ウシの科学」.222-230(巻末付表), 朝倉書店.

川田啓介 (2013) 犂を引く牛の調教牛の調教 「耕す―鍬と犂」, 73-85, 東京農業大学出版会.

広岡博之, 川田啓介 (2013) 世界と日本のウシの生産システム. 広岡博之編, 「ウシの科学」. 16-29, 朝倉書店.

2012年

内田宏(2012)英国の肉牛生産に関する一知見−ロイヤルハイランドショーを見学して.東北畜産学会報, Vol.62, No.2:19.

内田宏・佐藤元道・須田義人(2012)黒毛和種繁殖雌牛に平均産時到達日齢差と次回産時の分娩間隔及び産子の市場成績との関連性.肉用牛研究会報, No.92:77-81.

Suzuki K., Shimazu T., Riku I., Katayama Y., Ri M., Sato T., Kitazawa H., Katoh J., Suda Y., Sakuma A., Nakajo M. and Uchida H. Details of immune function of Landrace pigs selected for decreased mycoplasma pneumonie morbid lesion. Abstract:4th International Conference on Quantitative Genetics.

Morimoto Y. and Fujita K.(2012)Capuchin monkeys(Cebus apella) use conspecifics' emotional expressions to evaluate emotional valence of objects. Animal Cognition 15:341-347.

2011年

内田宏・佐藤元道・須田義人(2011)黒毛和種の連産性と子牛市場成績及び経済性評価との関連性. 東北畜産学会報, Vol.61, No2:29.

内田宏・佐藤元道(2011)黒毛和種繁殖雌牛の平均産次到達日齢差と枝肉形質の育種価と産子の子牛市場成績との関連性. 肉用牛研究会報, No.90:48-50.

Morimoto Y., and Fujita K. (2011) Capuchin monkeys (Cebus apella) modify their own behaviours according to a conspecific's emotional expressions. Primates, 52, 279-286.

2010年

内田宏(2010)黒毛和種繁殖雌牛の枝肉形質の育種価と産子の子牛市場成績との関連性. 東北畜産学会報, Vol.60, No.2:31.

Morimoto Y., Shibata J., Takahata M., Mynt O. and Kohda M. (2010) Male Isaza (Gymnogobius isaza, Gobiidae) prefers large females that defend for brood parasitism by other females. Journal of Ethology, 28:429-436.

2009年

山岸敏宏, 及川卓郎, 黒澤弥悦, 内藤裕加里(2010)岩手県北上山系における日本短角牛の発展過程について. 在来家畜研究会報告25号:111-127.

黒澤弥悦(2009)"Sentan"Cattle. Rep.Soc.Res.Native Livestock 25:129-130.

2008年

山岸敏宏(2008)「牛肉の美味しさ」に基づいた黒毛和種のブランド化の試み―総称「山形牛」の事例. 肉用牛研究会報, No.86:39-42.

黒澤弥悦(2008)わが国の在来ウシ.人と動物の日本史「考古学からみた動物」, 吉川弘文館.

黒澤弥悦(2008)ブタ−多元的家畜化と系統・地域分化−「アジアの在来家畜. 家畜の起源と系統史,」215-251 名古屋大学出版会.(田中和明、田中一栄と共同執筆)

黒澤弥悦(2008)地球環境学事典「家畜の多様性喪失−危機に直面する在来家畜とその文化」.独立法人地球環境学研究所編, 弘文堂.

2007年

山岸敏宏(2007)日本短角牛のブランド化の試み―岩手県久慈市山形町「国産飼料100%給与」の事例. 肉用牛研究会報, No.84:25-26.

山岸敏宏(2007)南部牛由来の「短角牛」ヘルシーブランド化.東海畜産学会報, 18:15-18.

2006年

黒澤弥悦(2006)ウシ(分担執筆). 世界家畜品種事典, 正田陽一監修, 東洋書林.

Namikawa T., Mannen H., Tanaka K., Nomura K., Takahashi Y., Ino Y., Kurosawa Y., Nishibori M., Kurachi M., Yamagata T., Lim S., Chhoymom.,Samreth C., Bun T., Chea B. and Chhum Phith L.(2006) Wither-height measurements in the native water buffaloes subjected to further experimental analyses. Report of Society for Researches on Native Livestock 23 : 49-54.

Nozawa K., Namikawa T., Yamagata T., Kurachi M., Nomura K., Takahashi Y., Ino Y., Kurosawa Y., Okabayashi H., Tanaka K., Mannen H., Okamoto S., Nishibori M., Chhum Phith L., Bun T. and Chea B.(2006) Coat-color polymorphism of water buffaloes in Cambodia. Report of Society for Researches on Native Livestock 23 : 45-48.

Namikawa T., Mannen H., Tanaka K, Nomura K., Takahashi Y., Ino Y.,Kurosawa Y., Nishibori M., Kurachi M., Yamagata T., Lim S., Chhoymom, Samreth C., Bun T., Chea B. and Chhum Phith L.(2006)Coat-color variations of cattle observed in the fields of Cambodia, and withers-height and other traits in the native cattle subjected to further experimental analyses. Report of Society for Researches on Native Livestock 23 : 31- 44.

川田啓介(2006)前沢で見られる動物(分担執筆). 前沢の自然. 前沢町地域教育力推進委員会,岩手.

川田啓介, 内藤 裕加里, 黒澤 弥悦, 並河鷹夫, Chum Phith Loan(2006)カンボジアで収集された家畜用の鈴−インドシナ地域における位置づけとその使用目的について. 在来家畜研究会報告,23:145-155.

川田啓介, 石川栄喜, 小野寺剛(2006)イタリアピエモンテ州における肥育牛見本市と牛肉ブランド化の取り組み. 畜産の研究, 60(9):959−963.

2004年

Kurosawa Y., Maeda Y., Nay Win, Than Hla, Than Daing and Maung Maung Nyunt . (2004)An ethnological field report on the circumstances in which native livestock is kept in Myanmar, focusing on native cattle. Report of Society for Researches on Native Livestock 21:71-75.

Kurosawa Y., Tanaka K., Yamagata T., Suzuki Y., Mannen H., Nishibori M., Nozawa K., Maeda Y., Nay Win, Than HLA and Than DAING.(2004)Morphological study on the external characteristics of Myanmar's native pig population. Report of Society for Researches on Native Livestock 21:195-204.

Kurosawa Y., Tanaka K., Yamagata T., Suzuki Y., Mannen H., Nishibori M., Nozawa K., Maeda Y., Nay Win, Than Hla, Than Daing and Maung Maung Nyunt(2004) Morphological and genetic studies using small samples on the Indian wild pig (Sus scrofa cristatus) in Myanmar. Report of Society for Researches on Native Livestock 21:205-211.

Kawada K., Kurosawa Y., Tanaka K., Nishibori M., Mannen H., Yamagata T., Nozawa K., Maeda Y., Nay Win, Than Hla, Than Daing and Maung Maung Nyunt (2004)Wooden and bamboo bells for the cattle kept in Myanmar. Report of Society for Researches on Native Livestock 21:129-133.

2003年

兼松重任 (2003) 野生動物の家畜化. 教職研修総合特集読本シリーズ157鳩貝太郎/中川美穂子編「学校飼育動物と生命尊重の指導」, 48-51. 教育発研究所. 東京.

川田啓介, 兼松重任, 黒澤弥悦, 揖斐隆之, 佐々木義之 (2003) 岩手県南地方における黒毛和種集団の産肉性形質に関する統計遺伝学的解析. 日本畜産学会報, 74(2):187-193.

2002年

兼松重任 (2002) BSEと牛肉問題について. 東北畜産学会報, 51(3):47-50.

2000年

川田啓介, 黒澤弥悦, 兼松重任, 並河鷹夫, B.Bouahom (2000) ラオスで収集された水牛の木製鈴の比較について. 在来家畜研究会報告, 18:197-203.

黒澤弥悦 (2000) 国際学術調査報告展「ラオス辺境における家畜動物-ヒトとの関わり」を開催して. 在来家畜研究会報告, 18:205-208.

黒澤弥悦 (2000) 建物先行型の博物館創り−標本の収集と展示, そして活動の実践−. 哺乳類科学, 40(1):51-60.

1999年

兼松重任, 川田啓介, 黒澤弥悦, 佐々木義之 (1999) 岩手県南地方における黒毛和種の産地別分集団の集団構造. 平成10年度食肉に関する助成研究調査成果報告書, 17:194-197.

川田啓介, 黒澤弥悦, 兼松重任 (1999) 第1回内国勧業博覧会(明治10年)出品の家畜類、主にウシについて. 在来家畜研究会報告, 17:187-197.

1998年

兼松重任, 川田啓介, 黒澤弥悦, 佐々木義之 (1998) 岩手県南地方における黒毛和種種牛の産肉性に関する遺伝的評価. 平成9年度食肉に関する助成研究調査成果報告書, 16:201-206.

1997年

兼松重任, 川田啓介, 黒澤弥悦, 佐々木義之 (1997) 岩手県南地方における黒毛和種の産肉性に関する遺伝的評価. 平成8年度食肉に関する助成研究調査成果報告書, 15:230-235.



Copyright© 牛の博物館 All Rights Reserved.