利用案内

後藤新平 絵物語

陸軍検疫所

陸軍検疫所
浪人生活の後陸軍検疫部に入った新平は、僅か2ヶ月という短期間で総建坪22,660坪、401塔の検疫所を見事に完成させました。検疫所建設の前後四ヶ月は、朝七時から晩九時まで椅子に腰を下ろした事はなかったといいます。なお、日清戦争後の検疫では消毒した艦船は687隻、総人員23万人強(232,346人)、その中コレラ患者総数1,500人でした。これについて、当時のドイツの皇帝は、「この方面では世界一と自信をもっていたが、この似島(ニノシマ)の検疫所には負けた」と舌をまいたそうです。
新平はこの事業の成功で内外から絶賛され、再び内務省衛生局長に就任しました。
戻る印刷用ページ切替次へ