長英の人生をたどる

夢物語など、長英の著作










 

 高野長英記念館は、郷土の先覚者高野長英の偉業を顕彰する記念館として、昭和46年(1971)に設立されました。
 蘭方医高野長英は、わが国最初の生理学書「医原枢要」や「泰西地震説」「二物考」などの著述も多く、高野長英記念館では、訳書、著書、手紙および遺品など約200点を展示しています。その中には長英が獄中で書いた「爪書の詩」や「砲家必読」全11巻などの貴重な資料も所蔵されています。
 また、5月5日には高野長英誕生祭、10月30日には高野長英祭が行われ、記念館を無料で公開しています。市内には長英の旧宅や菩提寺などがあり、長英ゆかりの遺跡を見学できます。
 1998年4月28日には、事業活動の一環として、高野長英記念館ホームページも開設しました。

 




 平成29年 ミニ企画展「長英を讃える献辞、顕彰活動」

 平成29年9月24日(日)まで開催




 市営駐車場をご利用下さい
 駐車券をお持ち頂きますと、駐車場無料サービス券を発行致します



【リンク:奥州市の博物館記念館】
奥州市Web博物館

後藤新平記念館 斎藤實記念館 菊田一夫記念館

武家住宅資料館 胆沢郷土資料館 衣川歴史ふれあい館

奥州市埋蔵文化財調査センター えさし郷土文化館 牛の博物館