杉田玄白詩書

長英の養父、高野玄斎が師事した杉田玄白が、江戸から郷里水沢に帰る玄斎に餞別として贈った詩。玄白72才の作である。






種別リストに戻る総リストに戻る