『解体新書』

前野良沢、杉田玄白などの粒々辛苦によって訳された人体解剖図。
いわゆる通詞(通訳)などの手を借りず自分たちの研究によって訳述した。
医学ばかりでなく、わが国近代学術の発達の上に、非常に貢献した研究である。






種別リストに戻る総リストに戻る