選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です

ページの先頭


東北随一の猫本コーナーを目指して!~猫ノ図書館グランドオープン~

最終更新日: 2017年02月28日

「猫の日」の2月22日、猫が登場する本約600冊を揃えた猫本コーナー「猫ノ図書館」が胆沢図書館に開設しました。初代「ねこ館長」に選ばれた江刺区の菊池綾子さんの「むぎ」(雄1歳、ブリティッシュショートヘアー)が登場したオープニングイベントの様子をお伝えします。
■猫ノ図書館に関する問い合わせ=胆沢図書館(TEL:0197-46-2133)

 

 

 

胆沢文化創造センター

【胆沢図書館は胆沢文化創造センター内にあります】

 

 

 

胆沢図書館入り口

           【図書館入り口では、五十嵐健太さんの“飛び猫”がお出迎え】


 

 

市内飼い猫を対象に募集していた「ねこ」館長には、39匹の応募がありました。その中から皆さんの投票により選ばれたのが…江刺区の「むぎ」君です!

むぎ館長登場

              【初代ねこ館長に就任した「むぎ」と飼い主の菊池さん】

 

 

 

この日は一般のお客様のほか、新聞やテレビなど多くの取材陣が詰め掛けました。

何だにゃ!

           【!!!!!!!】

 

 

 

テレビカメラだにゃー!

             【大きなテレビカメラにビックリするむぎ館長】

 

 

 

 

オープニングイベントでは、むぎ君に「ねこ館長」の辞令書が手渡されました。任期は平成29年2月22日から30年2月21日までです。

辞令書を受けったにゃ

                          【辞令書を受け取るむぎ館長】

 

 

むぎ館長の初めてのお仕事は、「猫ノ図書館」のテープカット。 

テープカットだにゃー

                  【猫ノ図書館のテープカット】

 

 

 

その後、猫ノ図書館の書棚に、「吾輩ハ猫デアル(復刻版)」と「豪徳寺の招福猫児(まねぎねこ)」が配架・設置され、猫ノ図書館がオープンしました!
グランドオープン記念展示として「サラリーマン猫写真家 あおいとりパネル展」 が3月31日まで開催されています。

グランドオープンした「猫ノ図書館」

【グランドオープンした猫ノ図書館。写真中央左が「招福猫児」、中央右が「吾輩ハ猫デアル(復刻版)」】
【上段が東北初展示!「サラリーマン猫写真家 あおいとりパネル展」】


 



そして、むぎ館長はというと…さっそく取材対応しておりました!

インタビューを受けたにゃ

                  【インタビューに対応するむぎ館長】

 

 

今後、むぎ館長は写真などで「猫ノ図書館」の広報活動を行っていくということで、胆沢図書館の藤田館長は「これから『猫ノ図書館』の顔として、広報活動に尽力していただきたい。今まで図書館を利用していなかった人も、猫ノ図書館を通じて本や図書館に触れてほしい」と期待を寄せます。
また、渡辺貴子主任司書は「猫好きの人同士の交流“ネコミュニケーション”を提供する場にしていきたい。『猫ノ図書館といえば胆沢図書館』と言っていただけるよう、今後も“ニャンダフル”な企画をお届けしていく」と意気込みを語ってくれました。

東北随一の猫本コーナーを目指す「猫ノ図書館」にぜひお越しください!

 

 

 

 

 

最後に…猫ノ図書館と胆沢図書館のダブル館長をパチリ。 

ダブル館長
+ + + お問い合わせ + + +
政策企画課広聴広報係
電話: 0197-24-2111(内線418・419)  FAX: 0197-22-2533
奥州市 Copyright(c) Oshu City All rights reserved.