選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です

ページの先頭


奥州市インターンシップ促進助成金のお知らせ

最終更新日: 2017年05月02日

 奥州市では、市内企業でインターンシップを行った学生を対象に、交通費や宿泊費の一部に対して助成金を交付します。 

■対象者
 大学等(学校教育法に定める、大学・短期大学・高等専門学校・専修学校など)に在籍する学生

■助成対象経費
1 交通費
 居住地から宿泊先を経由し、インターンシップ先の市内企業まで往復するために必要な交通機関を利用した経費、または、奥州市職員等の旅費に関する条例の例により計算した額を比較して、いずれか少ない額。
2 宿泊費
 市外に居住する大学生等が市内宿泊施設を利用した場合に要した経費(1泊2,500円まで)。
※1と2を合算して申請することもできます

■申請方法
 助成金の申請を希望する場合は、「(様式第1号)奥州市インターンシップ促進助成金交付申請書兼事業実施報告書」及び「(様式第2号)インターンシップ実施証明書」を提出願います。

■申請フロー
1 インターンシップ終了後、15日以内又は当該年度の3月31日のいずれか早い日に様式第1号及び様式第2号を市に提出します。
 ※添付書類
  インターンシップの実習の内容が分かる書類
  学生証等の写し
  旅費及び宿泊費に係る経費を明らかにする書類 等
  ⇒利用した交通機関の切符のコピー、宿泊先ホテルの領収書等 を必ずもらうこと!
   (交通費についての注意事項参照)
 ↓
2 市で内容を審査し、交付決定を行います。
 ↓
3 (様式第4号)助成金交付請求書を市に提出します。
 ↓
4 市から学生の指定する金融機関の口座へ助成金の振込を行います。 

■その他
 助成は当該年度につき 2万円 を限度とします。(100円未満切り捨て)
 企業やその他団体からインターンシップに関する補助を受けている場合は対象になりません。
 先着順とし、予算額に達し次第締め切ります。

■交通費についての注意事項
※領収書のない交通機関の利用については、助成対象となりません
※ご不明な点については事前にお問い合わせください

〇JR利用の場合の注意点
・JR利用の場合は領収書及びJR券(切符)のコピー(又は写真)を添付してください
・JR利用で補助対象となるのは、運賃・特急料金で、領収書等で利用日・支払い金額が確認できるもののみが対象となります。
・電車でのグリーン車等の利用については、補助対象外となります。 

〇タクシー利用の場合の注意点
・領収書には金額だけではなく、乗車区間も明記してもらってください。
・一部利用が認められない場合があります。(距離が短い 等)

 

+ + + お問い合わせ + + +
企業振興課人材育成・労政係
電話: 0197-24-2111(内線294)  FAX: 0197-51-2373
奥州市 Copyright(c) Oshu City All rights reserved.