選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です

ページの先頭


平成29年度胆江地方ニューファーマー希望者二次募集について

最終更新日: 2017年12月28日

胆江地方農林業振興協議会では、奥州市及び金ヶ崎町へ胆江地方の主要品目で就農しようとする方を支援するため、研修先のあっせん及び就農支援を行います。

詳細は下記及び添付ファイルをご覧ください。

 

<対象者>

以下の全てを満たす方を対象とします。

(1)研修を経て奥州市又は金ヶ崎町へ就農しようとする人

(2)概ね40歳未満の人

(3)胆江地方の主要品目(ピーマン、トマト、きゅうり、りんどう、りんご、水稲)で就農しようとする人

(4)就農後は農業で生計をたてる意向を有する人

 

<日程及び内容>

項 目 時期・期間 内 容

就農相談

窓口の日

毎月第2木曜日

1/11・2/8・3/8

「就農相談の日」を開設し、協議会員が相談に対応します。

就農に関する様々な情報を提供します。

1回目:13:30~  2回目:15:00~

ニューファーマー

応募

2月13日(火)

締 切

研修を経て就農を希望する人は、事務局に申込書を提出する。
面接選考会 3月上旬

協議会と研修受入先で面接を行い、受入の可否を決めます。

就農希望者と研修受入先をマッチングして研修先を決めます。

研修 1~2年間

苗作りを始める4月に研修を開始します。

研修先農家で、栽培技術や経営管理技術を学びます。

研修者のニーズに合わせて研修支援事業や制度の活用を支援します。

就農準備 研修期間中

就農計画を作成します。

農協や部会が農地やハウス等の施設、機械の準備を支援します。

就農

平成31年春

または

平成32年春

就農地の近くにいる師匠(ベテラン農家)と連携して就農後の栽培管理をサポートします。

就農支援事業や制度の活用を支援します。

 

 

<応募方法>

(1)就農相談

  申込用紙…様式1 就農相談カード

  申込締切…相談日の7日前まで

(2)ニューファーマー応募

  申込用紙…様式3 ニューファーマー希望申請書

  申込締切…平成30年2月13日(火)

 

<その他>

研修に当たっては、国、県、市、JA等の研修支援制度を活用できます。

詳細は事務局までご相談ください。

 

<問い合わせ先(事務局)>

 胆江地方農林業振興協議会(地域振興部会担い手支援班)

 事務局:岩手県奥州農業改良普及センター(担い手育成チーム)

 住所:岩手県奥州市江刺区大通り7-13

 電話:0197-35-6741  FAX:0197-35-6303  e-mail:ce0018@pref.iwate.jp

 

+ + + お問い合わせ + + +
農政課農政係
電話: 0197-24-2111(内線362・363)  FAX: 0197-23-5240
奥州市 Copyright(c) Oshu City All rights reserved.