ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

希望のひかり 第68回

印刷用ページを表示する 更新日:2019年7月22日更新
<外部リンク>

第68回 東北一丸で政府要望

 6月12日に、東北ILC推進協議会や北海道東北地方知事会、北海道・東北6県議長会、東北市長会の4団体は、早期のILC日本誘致に向け、より明確な意思表明をするよう政府に要望しました。

 要望活動には、高橋宏明東北ILC推進連絡協議会共同代表、達増拓也知事、佐々木順一県議会議長をはじめとした各県代表、小沢昌記市長など候補地自治体の代表や、谷村邦久県ILC推進協議会長、鈴木厚人県立大学長らが参加。首相官邸、文部科学省、国土交通省、復興庁を訪問し、菅義偉官房長官などに要望したほか、都内のホテルで開催されたリニアコライダー国際研究所建設推進議員連盟(超党派の国会議連)の会合で、河村建夫会長に要望書を手渡しました。

 河村会長は「東日本大震災からの復興、日本の科学技術の力を発揮させるものとして、国民理解を広げる方針で活動する。力を合わせて実現に向けて頑張っていきたい」、菅官房長官は、「要望をしっかり受け止めたい」と発言しました。

希望のひかり 第68回 [PDFファイル/7.45MB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)