ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

希望のひかり 第30回

印刷用ページを表示する 更新日:2018年7月1日更新
<外部リンク>

第30回 小・中学校での出前授業がスタート ほか

実現に向けて、文部科学省や国会議員の動きが活発化しているILC。今回は、市内での取組みをお知らせします。

小・中学校での出前授業がスタート

南都田中学校黒石小学校

子どもたちのILC計画への理解を深めるため、市内の中学2年生の全クラス(12校)と小学5・6年生(7校)を対象に出前授業を実施しています。
本年度の初回として行われた南都田中学校(佐々木哲也校長、生徒139人)では6月3日、秋山和徳氏(国立天文台)が「ブラックホールの写真を撮ろう!」と題し授業を行った後、中東(なかひがし)重雄氏(NPO法人イーハトーブ宇宙実践センター)がILCの仕組みやヒッグス粒子について説明。生徒は「宇宙誕生の謎が分かるといい」「検出器がこんなに大きいとは思わなかった」と目を輝かせました。
6月17日の黒石小学校(前田稔校長、児童30人)では、市ILC推進室の職員がクイズを交えながら授業を実施。子どもたちの将来の夢とILCがどう関わるかを考え、「外国人を看護できる看護師になりたい」「ゲームクリエーターになって外国人と一緒にゲームをしたい」など、全員が夢を発表しました。

- student's voice -

南都田中学校2年 安倍 明秀 君 Anbai Akihide

南都田中学校2年 安倍 明秀 君 Anbai Akihide

難しかったけれど、おもしろい話でした。英語も理科も好きなので、将来はILCプロジェクトに加わって、外国人と一緒に研究してみたいです。

黒石小学校6年 石川 愛袈 さん Ishikawa Manaka

黒石小学校6年 石川 愛袈 さん Ishikawa Manaka

私の将来の夢は、医者になること。ILCの技術を応用した新しい治療法を取り入れて、病気の人を治してあげたいです。

ステッカー配布中!

ILC啓発ステッカーILC啓発ステッカーの第2弾を無料で配布しています。ご希望の人は、本庁4階の政策企画課ILC推進室まで。

希望のひかり 第30回[PDFファイル/936KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)