ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

希望のひかり 第33回

印刷用ページを表示する 更新日:2018年7月1日更新
<外部リンク>

第33回 市HPに外国人向け生活情報コーナーを開設 ほか

ILCが実現すると、世界中から数千人の研究者などが集まると試算されており、国際化に向けた対応が必要になります。今回は、ILCを見据えた本市における「地域の国際化」の取り組みを紹介します。

市HPに外国人向け生活情報コーナーを開設

Oshu City Living Guide(英語版生活情報)

市ホームページに、医療や災害などに関する情報を英語でお知らせする「Oshu City Living Guide」を開設しました。
トップページ左側のバナー(下図)からアクセス可能。今後、内容の充実を図っていきます。

医療への対応

医療ボランティア養成講座の様子市国際交流協会では、外国人が円滑に医療機関を受診できるよう、医療通訳ボランティアを養成・登録しています。県立胆沢病院、総合水沢病院と協定を結び、受診の際にボランティアが同行して医師や受け付けとの通訳を行う「医療通訳システム」の運用により、外国人が安心して医療を受けられる環境の整備を進めています。

動画「Oshu for You」

現在13本の動画を公開中世界中から集まる研究者などに本市を紹介するため、地域に住む外国人が英語で本市の観光スポットなどをPRする動画「Ohsu for you」を作成し、動画投稿サイトYou Tubeで順次公開しています。これまで日高火防祭や胆沢ダム、えさし藤原の郷などをテーマにした動画を公開。今後も市内のイベントやスポットを世界に向けて発信していきます

ILC国際化推進員などによる講演活動

トマス・アンナ推進員広報おうしゅうで隔月掲載している「あんなことこんなこと」でお馴染み、トマス・アンナILC国際化推進員による講演などを随時実施しています。27年11月27日には、水沢青年会議所の会員を対象にILCが実現したときに国際化に向けて考えるべきポイントをお話ししました。
また、市はILC計画の内容と、ILCが地域にどのような影響を与え、私たちがどのように関わっていけばいいのかなどについて市民の皆さんに理解していただくため、出前講座を実施しています。
興味がある、話を聞いてみたいという場合は、お気軽に市ILC推進室へお問い合わせください。

ILC年賀ハガキを作成しました

ILC年賀ハガキ年始のご挨拶で受け取った人もいらっしゃると思いますが、いわてILC加速器科学推進会議では、ILCの普及啓発を目的とした28年お年玉付き年賀はがきを作成しました。裏面に北上山地の写真やILC実現に向けたメッセージが印刷されており、新年の訪れとともにILCをPRしました。
ことしもみんなでILCを盛り上げていきましょう!

希望のひかり 第33回[PDFファイル/384KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)