ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

希望のひかり 第47回

印刷用ページを表示する 更新日:2018年7月1日更新
<外部リンク>

第47回 「ILC」ってなに? ほか

市は、ILCの実現を見据えた「ILCまちづくりビジョン」に『次代の人材を育成できる国際教育都市に向けた行動指針』を定め、取り組みを進めています。今回は、その取り組みの中から、小学生向けサイエンス教室、中学校ILC出前授業についてお知らせします。

「ILC」ってなに?

楽しみながら学ぶことができる「ILCかるた」小学生向けサイエンス教室を8月19日、奥州宇宙遊学館で市と県南広域振興局の共催により行いました。約20人の子どもたちは、ILC紙芝居で素粒子について学んだ後、霧箱実験で実際に地球に降り注いでいる素粒子の軌跡を目の当たりにし、最後にILCかるたを楽しみました。

中学校ILC出前授業

授業の後には生徒からの質問に答えた市では、市内全中学校の2年生を対象とした「ILC出前授業」をNPO法人イーハトーブ宇宙実践センターに委託し、実施しています。平成26年度から昨年度までに3314人の生徒が受講し、今年度は1021人が受講予定です。
前沢中学校での出前授業では、1時限目に「宇宙の誕生と進化」「宇宙の謎・不思議」について、2時限目に「ILCの仕組みと技術」「ILCの波及効果」「ILCに関わる仕事」などについて授業を行い、生徒たちは、宇宙とILCの関係を学び、自身の将来や本市の未来について真剣に考えました。

interview ―ILC出前授業を受けて―

前沢中学校2年 尾形 玲奈 さん

前沢中学校2年 尾形 玲奈 さん

ILC出前授業は兄も受けていて、話は聞いていました。今回授業を受けて、ILCで宇宙の謎が解き明かされるということの意味を知ることができました。自然いっぱいの奥州市の魅力を、ILCを通じていろんな人に知ってもらいたいです。

前沢中学校2年 那須川 侑也 さん

前沢中学校2年 那須川 侑也 さん

授業で、私たちが見ている月や太陽は過去の姿だと知って驚きました。ILCはきっと地域の誇りになると思います。私たちが参加できるプロジェクトなので、今日学んだことを家族にも伝えて、深く理解していきたいです。

おうしゅうヒッグスくんのILCかるた紹介(1)

あ ILC 科学の心で世界を結ぶ

「ILCは平和の象徴!」

い いぬもあるけばさんじゅういちきろ

「イロハかるたから。棒に当たるより大変!?」

う ウロボロス へびがしっぽをビッグバン

「ILCは宇宙の起源と素粒子を結びつけるよ」

え 英会話 挨拶くらいは 話せたい

「ほんと、そうだよね!」

お お茶飲みで 素粒子話題の じじとばば

「お茶の時間が素粒子で盛り上がるとうれしいな」

希望のひかり 第47回[PDFファイル/1.84MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)