ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 奥州市在宅医療介護連携拠点 > 第29回 おうちへ帰ろう「訪問看護」をご存じですか?

本文

第29回 おうちへ帰ろう「訪問看護」をご存じですか?

印刷用ページを表示する 更新日:2020年8月13日更新
<外部リンク>

第29回 おうちへ帰ろう 「訪問看護」をご存じですか? / 公益社団法人岩手県看護協会奥州地区  支部     

訪問看護自宅に看護師さんが来てくれるなんて知らなかった」という言葉を耳にすることがあります。

 家族の笑顔や見慣れた景色、聞きなれた音に囲まれた「いつもの」場所で過ごすことは、大きな安心感をもたらし生きる力になります。医療機械を使っていても、医療処置があっても、最期の時を自宅で迎えたい人も、赤ちゃんも、一人暮らしでも、大丈夫です!自宅で過ごすことを諦めないでください。

 訪問看護師は、病気と生活の両面から安心して生活を続けることができる方法を、ご本人や家族と一緒に考え寄り添います。そして医師やケアマネジャー、介護職、リハビリ職などの在宅ケアに関係する職種と協力し、生活を続けるお手伝いをします。

 

訪問看護利用までの流れ