ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 奥州市介護情報サイト > 熱中症に注意しましょう

本文

熱中症に注意しましょう

印刷用ページを表示する 更新日:2021年7月21日更新
<外部リンク>

熱中症予防の普及啓発・注意喚起について

 今年も連日気温の高い日が続いています。
 社会福祉施設等の運営法人・事業所の皆様には、厚生労働省等による熱中症予防を広く呼び掛けることを目的としたリーフレットをご活用いただき、入所者や利用者等の健康・安全確保に努められますようお願いいたします。

熱中症とは


 気温や湿度が高い環境の中で、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れ、体内の調整機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもり、様々な症状をひきおこす状態を指します。
 症状が進むと、意識がもうろうとして、場合によっては死に至ることもあります。

このような症状がでたら熱中症の危険信号です

 めまい、たちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い、頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感


<重症になると>

 返事がおかしい、意識の消失、けいれん、からだが熱い など


 自力で水が飲めない、意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう!特に、体温調節機能が低下している高齢者や、体温調節機能がまだ十分に発達していない子どもなどは、注意が必要です。

 

熱中症予防のために

 温度に気をくばりましょう!
 温度計や天気予報チェックするなどして、暑い日や暑い時間を知るようにする。

外出時には

  • 日傘や帽子を着用し後頭部を直射日光から守るようにする。
  • 日陰を利用し、天気の良い日は日中の外出をできるだけ控える。

室内では

  • 扇風機やエアコンで効率的に冷気を循環させるなど上手に使い、温度を調整する。
  • すだれやカーテンで直射日光を防ぎ、こまめに窓を開けて風通しをよくする。

からだの蓄熱をさけるために

  • 通気性の良い、吸湿性・速乾性のある衣服を着用する。
  • 保冷剤、氷、冷たいタオルなどを使って、からだを冷やす。

こまめに水分補給を

  • 室内でも、外出時でも、のどの渇きを感じなくても、こまめな水分補給を心がける。
  • いつでも水分補給ができるように飲み物を持ち歩く。
  • たくさん汗をかいたら塩分も補給する。

休息や栄養をとりましょう

  • 朝食を抜かずに、朝ご飯をしっかり食べる。バランスよく食べる。
  • 暑さや疲れを感じたら、早めに涼しい場所に移動し休息する。

声をかけ合いましょう

 このほか、家庭、職場、ご近所、運動時などで、体調に変化がないか、お互いの様子を気づかうことが予防につながります。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)