ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

徳水園

印刷用ページを表示する 更新日:2018年7月1日更新
<外部リンク>

胆沢平野に水を巡らす円筒分水

胆沢平野の重要な農業用水路である茂井羅堰(しげいらぜき)と寿安堰(じゅあんぜき)は、同じ胆沢川から取水しています。この二つの水路の取水口が2キロメートルに満たない距離で隣りあっているため、受益農民はこの400年間、血を流すほどの水争いを繰り返してきました。

 解決策として昭和32年に造られたのが円筒分水(えんとうぶんすい)です。この完成を記念して両用水路開削の先覚者を顕彰する公園が整備され、「徳水園(とくすいえん)」と命名されました。

 平成7年には、旧胆沢町の町制施行40周年を記念し、「銀色の道」(雪が降り積もった国道397号の愛称)の碑がここに加わっています。

所在地 奥州市胆沢若柳字上土橋
アクセス  JR水沢駅から車で約20分