ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

受入体制

印刷用ページを表示する 更新日:2019年9月26日更新
<外部リンク>

受入体制の画像

農村生活体験受入れの特徴

受入れ可能人数は280名です。

 奥州市内5エリアと平泉町を併せた6エリアで受入れを行っておりますので、生徒数が多い学校も受入れ可能です。
 ただし、予約状況等によっては対応出来かねる場合があります。お早めにお問合せください。

1農家あたり4~5人の受入れとなります。

 対面式会場(または対面場所)から農家までの移動、農作業体験・生活体験、終了式会場への送りまで、全ての行程は各農家が対応します。

生徒はお客様としてもてなすのでなく、家族の一員としてお迎えします。

 民泊は、農作業はもちろん、食事の準備や後片付け、就寝準備など生徒と農家が一緒に行うことが受入れのお約束です。

 ※詳細については、添付ファイルをご覧ください。

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)