ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症情報 > 特別定額給付金について

本文

特別定額給付金について

印刷用ページを表示する 更新日:2020年5月28日更新
<外部リンク>
 令和2年4月20日に「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」が閣議決定され、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うため、特別定額給付金事業が実施します。

特別定額給付金の振込について

特別定額給付金の申請受付は、 令和2年8月11日までです。

  • オンライン申請:当日入力受付分まで
  • 郵送申請:当日消印まで

 

  給付金の主旨をご理解いただき、不特定多数の出入り・混雑を避けるため、「返信封筒による郵送申請」にご協力願います。

  既に申請受付がはじまっていますが、必要書類の添付漏れが散見されますので、添付漏れのないよう申請願います。

  添付書類は、「申請者本人確認書類の写し」と「振込先金融機関口座の写し」が必要です。

 
申請者本人確認書類の写し

運転免許証、マイナンバーカード(表面)、パスポート、健康保険証、マイナンバーカードなど

通知カード期限切れのものは本人確認の書類にはなりません。

振込先金融機関口座の写し 金融機関や口座番号、カナ氏名がわかる部分

 

特別定額給付金とは

 緊急事態宣言の下、生活の維持に必要な場合を除き、外出を自粛し、人と人との接触を最大限削減する必要があります。また、医療現場をはじめとして全国各地のあらゆる現場で取り組んでおられる方々への敬意と感謝の気持ちを持ち、人々が連帯して一致団結し、見えざる敵との闘いという国難を克服するため、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行う、1人につき10万円の給付金です。

給付対象者

基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されている方が給付対象となります。

※その者の属する世帯の世帯主が、受給権者(申請者)になります。

給付金の申請及び給付の方法

【申請について】

○世帯主が給付金の申請者(受給者)であり、世帯主名義の金融機関口座に給付金を振り込みます。

○感染拡大防止の観点から、給付金の申請方法は、(1)郵送申請方式及び(2)オンライン申請方式を基本とします。

 

(1) 郵送申請方式

≪主な手順≫

  1. 申請書は、奥州市から世帯主宛に令和2年5月12日に郵送します。発送件数が多いため届くまでに数日かかる場合があります。
  1. 申請書に必要な記載事項を記入します。

        申請書の記載例 [PDFファイル/204KB]

  1. 添付書類は、「申請者本人確認書類の写し」と「振込先金融機関口座の写し」が必要です。
 
申請者本人確認書類の写し

運転免許証、マイナンバーカード(表面)、パスポート、健康保険証、マイナンバーカードなど

通知カード期限切れのものは本人確認の書類にはなりません。

振込先金融機関口座の写し 金融機関や口座番号、カナ氏名がわかる部分
  1. 同封の返信用封筒に申請書、添付書類を入れポストに投函します。

代理人として手続きできるのは、世帯の世帯構成者、法定代理人、福祉施設の職員などですが、世帯主と代理人の本人確認書類の写しの添付が必要です。

 

(2) オンライン申請方式(マイナンバーカード所持者が利用可能)

マイナポータルから振込先口座を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードし、電子申請します。(電子署名により本人確認を実施し、本人確認書類は不要)

≪入力に際し事前に準備が必要なもの≫

・2種類の暗証番号
マイナンバーカードを市区町村の窓口で受け取った際に利用者様自身が設定した数字4ケタの暗証番号と、英数字6~16ケタの暗証番号です。所要の回数を間違えるとロックされますのでご注意ください。

・振込先口座
入力の際にお手元に通帳やキャッシュカードがあると便利です。
振込口座の確認書類(写し)として、金融機関や口座番号、カナ氏名等がわかる部分の画像が必要です。

特別定額給付金オンライン申請はこちらから<外部リンク> 

 

【給付について】

給付は、原則として受給権者(申請者)の本人名義の銀行口座への振込みとなります。

 

受付及び給付開始日

・申請の受付は、郵送申請は令和2年5月12日から、オンライン申請は令和2年5月1日から開始し、いずれも令和2年8月11日までの申請受付です。

・給付開始は、令和2年5月19日から順次指定の口座に振り込みます。
 審査により申請から振込まで約2週間の時間がかかります。

配偶者からの暴力を理由に避難している方への支援

詐欺被害の防止

「個人情報」「通帳、キャッシュカード」「暗証番号」の詐取にご注意願います!

・市区町村や総務省などが現金自動預払機(ATM)の操作をお願いしたり、「特別定額給付金」の給付のために、手数料の振込みを求めることは、絶対にありません。

・特別定額給付金について、県、市区町村、総務省などをかたった電話やメールが届いた場合は、最寄りの警察署(または警察相談専用電話(#9110))にご連絡ください。
それ、給付金を装った詐欺かもしれません! [PDFファイル/273KB]

よくある質問

政府(総務省)のホームページにある説明資料を掲載しますので、ダウンロードしてご覧ください。

よくある質問(令和2年4月30日版) [PDFファイル/116KB]


また、相談受付については、コールセンターを設置しています。
【総務省コールセンター】
○連絡先 03-5638-5855
○応対時間 午前9時~午後6時30分 (土、日、祝日を除く)

特別定額給付金のお問合せ先

【奥州市新型コロナウイルス感染症対策本部 生活支援部会】

福祉部福祉課
  電話 0197-24-2111内線1201、6103、6104
  受付時間 午前9時から午後5時まで

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)