ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症情報 > 農業労働力確保緊急支援事業のお知らせ(支援対象期間の変更)

本文

農業労働力確保緊急支援事業のお知らせ(支援対象期間の変更)

印刷用ページを表示する 更新日:2021年7月5日更新
<外部リンク>
 国では、新型コロナウイルス感染症の拡大により人手不足となり、農作業に支障が出ている農業経営体等(人手不足経営体)に対して、代替人材として農作業経験のある即戦力人材や他産業からの人材を受け入れ、農作業に従事していただけるよう、「農業労働力確保緊急支援事業」を実施しています。
 詳しくは農林水産省のホームページをご覧下さい。

※事業の登録申請と助成金の請求時期が重なると審査に時間を要することから、本事業を活用予定の農業経営体等におかれては期日前に余裕をもって申請を行ってください。

『農業労働力確保緊急支援事業の対象期間が延長されます!』【令和3年6月25日改正】
(1)代替人材の雇用等に係る掛かり増し経費の支援対象期間を令和3年6月末日から令和3年12月末日まで延長。
※農業機械等導入事業は令和2年度で事業終了。

【主な事業活用事例】
(1)人手不足経営体が代替人材を手配する場合
(2)人手不足経営体等が求人広告を出す場合

【対象者の主な要件(上記(1)の場合)】
 次の要件をすべて満たす人手不足経営体であること(このほかにも要件あり)。
・新型コロナウイルス感染症による入国制限により、予定していた技能実習生が受け入れられないこと等から、人手不足となっていること。
・代替人材と原則7日間以上の契約を締結していること(作業委託の場合は、日数は要件としません)。
・「農業における新型コロナウイルス感染者が発生した時の対応及び事業継続に関する基本的なガイドライン」又は「畜産事業者に新型コロナウイルス感染者が発生した時の対応及び事業継続に関する基本的なガイドライン」に準拠した対策を実施していること。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)