ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > 奥州羅針盤(30年6月)

本文

奥州羅針盤(30年6月)

印刷用ページを表示する 更新日:2018年7月1日更新
<外部リンク>

 暑さが増してまいりましたが、いかがお過ごしですか。

 スポニチいわて奥州きらめきマラソンが開催され、全国から集まったランナーが、新緑映える奥州路を駆け抜けました。沿道からのたくさんの声援やおもてなしで、ランナーは楽しまれたと思います。大会を支えてくださった皆さん本当にありがとうございました。この素晴らしい大会をさらに良いものにして、全国に発信してまいります。

 米国文化人類学の権威であるエル・キース・ブラウン博士に市勢功労表彰を授与しました。ブラウン博士は、旧水沢市真城などで50年以上にわたり農村社会史や武家制度を研究し、その成果を研究書「SHINJO」として出版。その研究成果は米国の文化人類学の貴重な資料となっています。水沢のことが大好きなブラウン博士です。いつまでも交流を続けていただきたいと願っております。

 8月14日に、「大相撲奥州場所」が市総合体育館で開催されます。大相撲巡業は、市内では19年ぶりの開催となります。同体育館などでチケットが発売されています。ぜひお買い求めください。

 地域おこし協力隊として東京都出身の小川ちひろさんと横浜市出身の田名部茜さんの二人に委嘱状を交付しました。小川さんは台湾向けの交流促進を、田名部さんは農業体験など体験型コンテンツを担当します。市の魅力を積極的に海外へ発信し、誘客に結び付けていただきたいと思います。

 4月に開催された協働のまちづくりアカデミーの開講式には、自薦や地区振興会や各種団体から推薦を受けた15人が受講しました。アカデミーでは、地域課題解決のための実践活動や演習を行います。まちづくりの中心メンバーとしての活躍を期待します。

奥州市長 小沢 昌記

市長とブラウン博士