ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > 奥州羅針盤(31年1月)

本文

奥州羅針盤(31年1月)

印刷用ページを表示する 更新日:2019年1月10日更新
<外部リンク>

 皆さま明るい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。
 県内初結成となる奥州市カラーガード隊「Oshuシャイン・チェリー」の発隊式が行われました。カラーガード隊は女性消防団員で構成され、消防行事で音楽隊やラッパ隊の演奏に合わせてフラッグ演技を披露します。笑顔いっぱいに活動いただき、消防団への女性や若者の加入促進につながることを期待します。
 昨年7月から取り組んできた「ILCサポーターズ6万人署名運動」は、11月に達成し、東北ILC推進協議会へ署名を届けてまいりました。また、12月には、達増拓也岩手県知事や村井嘉浩宮城県知事らと共に、自民党の加藤勝信総務会長へILCの日本誘致を要望しました。これからも熱い思いを政府に届け続け、前向きな判断がなされることを期待します。
 国道397号(仮称)新小谷木橋上部工架設工事の安全祈願祭が現地で行われ、工事の無事を願いました。現在の小谷木橋は老朽化が著しく、東日本大震災の余震では橋脚が傾き長期間全面通行止めになりました。地元住民にとって悲願である新橋の完成予定は2020年です。
 先月、越路、ひめかゆ、国見平のスキー場開きが行われ、シーズン真っただ中となっています。1月20日、2月17日の両日には、小学生以下のリフト1日券が半額になる「スキー子どもの日」や、19歳の人がスマホなどで登録すれば今シーズンのリフト券が無料になる「雪マジ! 19」など多彩なイベントでお待ちしております。ぜひ市内スキー場でお楽しみください。
 今年の干支は亥です。亥の肉は万病を防ぐといわれ、無病息災の象徴とされています。皆さまが健康で元気に過ごされますことを願っています。

奥州市長 小沢 昌記

国見平スキー場オープン