ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > 定例記者会見(令和元年12月11日)

本文

定例記者会見(令和元年12月11日)

印刷用ページを表示する 更新日:2019年12月11日更新
<外部リンク>

発表項目

国立天文台水沢創立120周年記念事業について

 水沢に緯度観測所が創設され、宇宙の観測が始まってから今年で120年を迎えます。そのような中、4月には世界6か所で同時にブラックホールの撮影に初めて成功し、日本だけでなく、世界から奥州水沢の地に多くの注目が集まりました。
 緯度観測から始まった宇宙の観測について、現代へと続くこれまでの科学の道筋を辿るとともに最先端の研究をご紹介します。

■記念講演会

○主催等

(1) 主催 国立天文台水沢創立120周年記念事業実行委員会
  構成:国立天文台、国立天文台水沢友の会、岩手県県南広域振興局、
  奥州市、NPOイーハトーブ宇宙実践センター、奥州宇宙遊学館

(2) 協力 岩手日報社、胆江日日新聞社

(3) 共催 岩手日報社、河北新報社、胆江日日新聞社、岩手日日新聞社、
  水沢テレビ、奥州エフエム

(4) 協賛 東京エレクトロン テクノロジーソリューションズ株式会社

○開催内容

(1) 開催日 令和元年12月15日(日曜日) 13時00分から16時(12時30分 開場)

(2) 場所 奥州市文化会館(Zホール)大ホール

(3) 定員 なし(予約不要、参加無料)

(4) 講演

・緯度観測からブラックホール撮影まで~国立天文台水沢120年の歩み~
 水沢VLBI観測所所長 本間希樹 教授

・国際宇宙探査時代における国立天文台水沢
 RISE月惑星探査プロジェクト長 竝木則行 教授

・アテルイの観る宇宙
 天文シミュレーションプロジェクト長 小久保英一郎 教授

・木村栄と緯度観測所
 一橋大学社会科学古典資料センター 馬場幸栄 助教

 

■展示会

(1) 緯度観測所の歴史 明治から戦後まで
  12月15日~21日、奥州宇宙遊学館セミナー室(入館料200円)

(2) 緯度観測所から国立天文台水沢へ 昭和から令和まで
  11月30日~12月22日、奥州宇宙遊学館廊下(入館料200円)

(3) 旧眼視天頂儀室室内公開
  11月30日~12月22日、国立天文台水沢VLBI観測所構内(見学無料)

 

■問い合わせ先 総務企画部政策企画課企画推進係 電話0197-34-2125

 

 

市内3スキー場の令和元年度シーズンの営業について

 ウインタースポーツシーズンを迎え、令和元年12月21日(土曜日)に、「越路スキー場」、「ひめかゆスキー場」及び「国見平スキー場」の市内3スキー場が一斉にオープンします。
 今シーズンも良好なゲレンデで楽しいイベントを企画し、県内外のスキーヤーやスノーボーダーをはじめ、ご家族連れのお客さまにも楽しんでいただけるものとなっております。

■市内3スキー場のオープンについて

(1) 営業期間(予定)

越路スキー場 令和元年12月21日(土曜日)~令和2年3月8日(日曜日)

ひめかゆスキー場 令和元年12月21日(土曜日)~令和2年3月8日(日曜日)

国見平スキー場 令和元年12月21日(土曜日)~令和2年3月8日(日曜日)

(2) スキー場開き

各施設とも営業初日の10時
※3スキー場のスキー場開き終了後には、リフトを無料開放します。

(3) 特徴

越路スキー場

 北上山系の越路には奥羽山脈を越えてくる乾燥した空気が流れ込むため、越路スキー場には粉雪が舞い降ります。他のスキー場が吹雪や強風の悪天候でも、盆地にある越路スキー場は強風を和らげ快適にスキーを楽しむことができます。初心者から上級者まで楽しめるゲレンデです。

ひめかゆスキー場

 怖~い山道を通らなくてもOK!雪道の運転が苦手な方も安心のアクセスです。また、スノーパークがあるので、キッカーやBOXでお楽しみください。
 毎朝圧雪整備されたゲレンデに、思い思いのシュプールをお描きください。スキー後のリフレッシュには「やけいし館」や「ひめかゆ」の温泉をご利用ください。

国見平スキー場

 初心者でも安心して滑ることができる林間コースから上級者も満足する最大斜度約30度のテクニカルコースなど、全11のコースが楽しめます。ボーダーが楽しめる深雪コースも充実。
 ゲレンデは雪質が良く、リフトは強風の影響が少ないと評判です。スキー後のリフレッシュには「国見平温泉」や「黒滝温泉」をぜひご利用ください。

 

■イベント企画等

(1) 雪マジ!19(3スキー場共通)

 今年度19歳になる者(生年月日が2000年4月2日から2001年4月1日までの者)で「雪マジ!19」の会員である者のリフト使用料を全日無料とする。

(2) 各スキー場の主なイベント

越路スキー場

令和2年1月19日(日曜日)及び2月16日(日曜日)

スキー子供の日

 小学生以下リフト1日券が半額

 (1,500円→750円)

令和2年1月26日(日曜日)

越路スキー場感謝祭

スノートレイン、振舞い鍋、宝探し、餅まき等

令和2年2月16日(日曜日)

越路カップスキー大会

 

ひめかゆスキー場

令和2年1月19日(日曜日)及び2月16日(日曜日)

スキー子供の日

 小学生以下リフト無料

令和2年1月26日(日曜日)

ひめかゆスノーフェスティバル

 スノーモービルトレイン、餅まき等

令和2年3月1日(日曜日)

ひめかゆファン感謝デー

 スノーモービルトレイン、菓子まき、そり大会等

国見平スキー場

令和2年1月11日(土曜日)

スキーの日

 中学生以下リフト無料

令和2年1月19日(日曜日)及び2月16日(日曜日)

スキーこどもの日

 中学生以下リフト無料

令和2年2月2日(日曜日)

スノーフェスティバル

 そりすべり大会、抽選券付き・餅まき等

令和2年2月16日(日曜日)

国見平カップスキー大会

 

※その他、各スキー場においては、様々なイベントを行っておりますので、詳細は各スキー場にお問い合わせください。

 

■問い合わせ先

越路スキー場 電話0197-39-2105

ひめかゆスキー場 電話0197-49-2105

国見平スキー場 電話0197-52-6411

 

 

:スキー場の現在の積雪量を伺います。

:現時点ではまだ滑走できる状態ではありません。21日のオープンまでには積もってほしいです。もしオープン当日に滑走ができなくても、神事は行います。

 

:スキー場の存廃問題について、その後の進捗を伺います。

:施設の引き受け手がなければ廃止という方向で進めているところですが、現時点でいつ廃止するかは未定です。関係者と検討会を開いて今後の在り方を模索し、来年度中には方向性を見出したいと考えています。今シーズンと来シーズンはこれまで通り運営します。