ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > 奥州羅針盤(2年6月)

本文

奥州羅針盤(2年6月)

印刷用ページを表示する 更新日:2020年6月11日更新
<外部リンク>

 初夏の風が爽やかな季節となりましたが、いかがお過ごしですか。
 新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく緊急事態宣言が、全国で解除となりました。しかしながら、感染リスクがなくなったわけではありません。市民の皆さんには、これまでどおり予防対策を徹底していただくようお願いいたします。
 先月も、多くの企業・団体、また個人の皆さんより、マスク、消毒液、フェイスシールドなど、新型コロナウイルス感染対策に関する寄付をいただきました。あらためてご厚意に感謝いたします。医療・介護の施設や、小中学校など教育活動の現場で有効に利用いたします。
 心字の街創造実行委員会より、日高火防祭のはやし屋台修繕に役立ててほしいと寄付をいただきました。同会は平成21年に発足し、水沢の中心部に町印のモニュメントを設置する活動などに取り組まれました。残念ながら今回解散することとなりましたが、中心市街地の魅力向上や、まちづくりへの気運の醸成に大いに貢献いただきました。ありがとうございました。
 名古屋市内の病院長である伊藤全哉さんからの423万円をはじめ、多くの皆さんからの寄付により、ふるさと納税の寄贈型返礼品「熱中症注意目安付き温湿度計」を、市内の全小中学校に配置しました。市の未来を担う子どもたちの学びの場の環境づくりに活用いたします。
 新型コロナウイルス感染症の終息、また、早期に市民生活が平常に戻るよう、市として、感染拡大の防止と、感染拡大の影響を受けている地域経済や住民生活の支援に全力で取り組んでまいります。ご協力をよろしくお願いいたします。

奥州市長 小沢 昌記

温湿度計

全小中学校に配置した「熱中症注意目安付き温湿度計」