ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > 奥州羅針盤(2年12月)

本文

奥州羅針盤(2年12月)

印刷用ページを表示する 更新日:2020年12月10日更新
<外部リンク>

 年の瀬も押し迫り、寒さもひとしお身に染みる頃となりました。いかがお過ごしですか。
 11月8日、チャレスポおうしゅう2020を開催しました。会場となったふれあいの丘公園には、家族連れなど多くの市民が来場し、タグラグビーやスラックライン、昨今話題のeスポーツなど、さまざまな種目を体験していただきました。オリンピックの歴史をまとめたパネルや県出身のメダリストが使用したウエアや用具の展示、健康増進に関するコーナーもあり、十分に楽しんでいただけたのではないかと思います。今後も、市民がスポーツに親しむ機会を提供してまいります。
 11月17日に、市ILC推進連絡協議会総会を開催しました。誘致実現に向けた取り組みを確認したほか、総会後には県ILC推進局の植野推進監より、最新動向について講演をいただきました。ILC実現のため、今後も県や関係機関と連携し、啓発活動などに取り組んでまいります。
 11月25日、市民憲章推進協議会主催の市民憲章実践者表彰式に出席しました。コミュニティの推進や環境美化活動などを通じて、市民憲章の普及推進に取り組んだ皆さんに敬意を表します。同協議会は本年度で解散となりますが、市では、今後も市民の皆さんと連携し、市民憲章の普及啓発に努めてまいります。
 拓殖大学前客員教授の高橋力さんより、「まんが岩手人物シリーズ・後藤新平」を寄贈いただきました。新型コロナウイルスが拡大している現在、明治時代に世界史上最大規模の検疫事業を成し遂げ、疫病のまん延防止に貢献した後藤新平が改めて注目されています。市内小中学校、図書館に配置しますので、郷土の偉人をさらに深く知っていただければと思います。

奥州市長 小沢 昌記

書籍寄贈

寄贈いただいた高橋力さん(右から2番目)