ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > 定例記者会見(令和3年1月13日)

本文

定例記者会見(令和3年1月13日)

印刷用ページを表示する 更新日:2021年1月13日更新
<外部リンク>

市長あいさつ

 新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 新年の抱負などについて申し上げたいと思います。

 まず新型コロナウイルス感染症のこの状況を一刻も早く終息させたいという思いがあります。市民の皆さまに感染拡大防止へ向けた行動をご理解いただき、り患することのないよう丁寧にお伝えしてまいります。ワクチンの接種については、現時点で政府から詳しい指示がない状況ではありますが、混乱なきよう丁寧に進めていきたいと思います。

 12月からの大雪については、災害であるとの認識をもって対応しております。経費に関わらず、普段の市民生活が送れるよう万全を尽くしてまいります。

 本年は10年間の総合計画の中間の年であり、後半5年間をどのように進めていくか、見定めていく年となります。ILCプロジェクトについては、科学者レベルではかなり前に進んでおり、世界的な理解も大きく進んでいますので、手を緩めずに誘致を確実にするための施策を進めてまいります。人口対策プロジェクトについては、人口減少に歯止めがかからない状況ではありますが、すでに策定している総合戦略を丁寧に行っていきます。また、ふるさと納税など奥州市の認知度を上げる活動を通して、当市のファンを増やし、当市と関係を持っていただく人々との絆を確かなものにしていきたいと考えております。

 行財政改革については、収支がつり合うよう、市民の皆さんのご理解をいただきながら一歩一歩着実に進めていきたいと考えております。

 

発表項目

奥州・金ケ崎web企業説明会の開催について

 胆江地域の企業の人材確保と大学生等の就職支援及び胆江地域へのUIターンの促進のため、奥州市及び金ケ崎町並びに水沢公共職業安定所の主催により、奥州・金ケ崎web企業説明会を開催します。

 全国各地の大学生等と胆江地域の企業をオンラインで結び、各企業の採用予定や企業情報をお知らせするほか、水沢職安とジョブカフェ奥州からの就職情報、両市町からの生活情報などをお届けします。

■開催期日・参加企業等【企業10社(市7社、町3社)・公的4機関】数字は説明順

令和3年

3月18日

(木曜日)

午後1~4時

(1)株式会社アイディーエス(情報サービス/奥州市)、(2)社会福祉法人友愛会(福祉/金ケ崎町)、(3)株式会社妙徳 (製造/奥州市)、(4)高惣建設株式会社(建設/奥州市)※高の字は梯子高、(5)株式会社フジキン(製造/奥州市)、ジョブカフェ奥州、奥州市

令和3年

3月19日

(金曜日)

午後1~4時

(1)大井電気株式会社(製造/奥州市)、(2)株式会社板宮建設(建設/金ケ崎町)、(3)社会福祉法人愛護会(福祉/奥州市)、(4)東京エレクトロン テクノロジーソリューションズ株式会社(製造/奥州市)、(5)メフレ株式会社(卸売/金ケ崎町)、水沢公共職業安定所、金ケ崎町

※参加企業は各市町で調整。市では就職フェア参加状況、大学生採用動向等に基づき選定

■対象者

・令和4年3月卒業予定及び在学中の大学生等

・令和3年3月卒業予定及び卒業後3年以内の方・一般 など

 ※胆江地域の出身者だけでなく、胆江地域への移住・就職希望者も参加可能です。

 ※大学院・大学のほか、短期大学・専門学校の学生等も参加可能です。

■開催方法 web会議システム「Zoom」により開催

 ※大学生等及び企業は、それぞれの居所や事業所から各自の端末を通じて参加します。

■参加料 無料(通信費等は各自負担)

■申込方法 令和3年2月26日(金曜日)までに申込フォームから申込み

 https://www.career-bank.co.jp/form/oshu-kanegasaki/<外部リンク>

 ※申込み多数の場合は、参加人数を制限する場合があります。

■その他 資料等の事前送付を希望する大学生等には、資料等の事前送付を希望する企業の資料等をあらかじめ送付します。

【主催】奥州市、金ケ崎町、水沢公共職業安定所

【運営】キャリアバンク株式会社(*)

 (*)奥州市若年者等就労支援施設「ジョブカフェ奥州」の受託事業者です。

■問い合わせ

 商工観光部企業振興課(電話番号:0197-34-2332)

 

企業版ふるさと納税(まち・ひと・しごと創生寄附金)による寄附金の受領について

 二つの事業者から、企業版ふるさと納税の制度を活用したご寄附をいただくこととなりましたので、お知らせします。

■シフトプラス株式会社

  大阪府大阪市西区江戸堀2丁目1番1号 江戸堀センタービル8階

  代表取締役 中尾 裕也 様

  1. 寄附額 300万円
  2. 寄附日 令和2年10月15日
  3. 寄附の経緯
     R2年度のカヌー競技推進事業を対象とした本市の企業版ふるさと納税について、本市に関係するふるさと納税関連事業者(ポータルサイト運営、システム開発、返礼品出品事業者)に案内しましたところ、ふるさと応援寄附事業業務を受託している同社に賛同いただき、寄附の申し出を受けたものです。
     頂戴した寄附は、今年度の大会開催経費やSUP(スタンドアップパドルボード)用品整備等に充当します。(大会開催経費は100万円。用品購入に残り200万円を活用することとしており、購入手続きは対応中。)
  4. 寄附受納式
    購入する用具が揃い次第、実施予定ですが、コロナ禍の状況から日程は未定です。

■信金中央金庫

   東京都中央区八重洲1丁目3番7号

   理事長 柴田 弘之 様

  1. 寄附額   1,000万円
  2. 寄附日   令和3年2月24日(予定)
  3. 寄附の趣旨
    ・信金中央金庫創立70周年記念事業として募集された「地方創生推進スキーム(SCBふるさと応援団)」に、本市のカヌー競技推進事業を「胆沢ダム(奥州湖)×カヌー=賑わい創出事業」として申請したところ、この度、決定通知をいただいたもの。
    ・今年度は基金に積み立て、R3~R4の2年度分に充当する予定。個々の事業への配分は今後調整する。
  4. 寄附手交式 令和3年1月19日(火曜日)午前9時 水沢信用金庫にて ※市長出席予定

■問い合わせ

 総務企画部都市プロモーション課(電話番号:0197-34-2116)

 

:企業版ふるさと納税の状況について伺います。

: 令和2年7月に企業版ふるさと納税をするための認可を国から受けてスタートしています。シフトプラス様が第1号で、信金中央金庫様が2件目となります。
 ふるさと納税の寄附総額は、2年12月末集計時点で14億円になっております。大変なご支持をいただきましたので、さらに気を抜くことなく頑張らなければならないと思っております。

 

自由懇談

:大雪による被害の現状と対策について伺います。

:除雪費が12月だけで約8億円となり、本年度末までの試算では約15億円となりそうです。除雪だけでなく、ダンプに雪を積んで捨てる排雪作業も行わなければならないため、かなりコストがかかっています。契約業者だけでは対応しきれないため、新たに単発で業者にお願いしており、市民生活に支障が出ないよう対応してまいります。
 農業被害の全容はまだ十分に把握できずにいます。これから被害は増えていくと思いますが、両JA合わせて1,000棟以上のビニールハウスが積雪により倒壊しています。ハウスに格納していた農業用機械が被害を受けた事例もあるそうです。被害額は、4億から5憶円ぐらいといわれています。育苗ハウスにもかなり被害が出ており、3年度の作付けに向けてJAと協議をしながら市としてできることを協力していきたいと考えております。年末には復興庁の横山副大臣、年明けには立憲民主党と自民党の方々にご視察いただきました。被害に遭われた方への融資など、後手に回らないよう対応していきます。