ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > 奥州羅針盤(3年5月)

本文

奥州羅針盤(3年5月)

印刷用ページを表示する 更新日:2021年5月13日更新
<外部リンク>

 風にそよぐ木々の緑もまぶしい好季節となりました。いかがお過ごしですか。
 4月22日に、奥州地域会議を開催しました。委員である各地区振興会長へ、市の地域づくり施策について説明を行ったほか、各地域からまちづくりに関する提言をいただきました。いただいた内容については、今後の市の施策に反映させてまいります。地区振興会などの地域づくり活動団体をはじめとした各種団体・事業所などは、協働の担い手であり、市にとって大切なパートナーでもあります。協働のまちづくりは、本年度より「第3ステージ」へ移行し、「つながる」を新たなテーマとし取り組みます。多様な協働の担い手が垣根を越えてつながることが、おのおのの活動の活性化や地域課題の解決につながり、ひいては市総合計画に掲げる「住んで良かったと実感できるまち」の実現に「つながる」と考えています。協働によるまちづくりを進め、さらに住みよい暮らしやすいまちを、共に創り上げていきましょう。
 4月1日、「胆沢ふれあいタクシー」の出発式に出席しました。県交通のバス路線の短縮に伴い、これを補完する手法として地区住民団体などの協力のもと、事前予約型の乗り合いタクシーの運行を始めたものです。昨年すでに先行開始している江刺稲瀬地区も含め、地域住民、交通事業者と協力し、利便性の向上を図りながら、より良いシステムの構築を進めてまいります。
 4月19日、「大谷翔平選手ふるさと応援団」において、市役所内に成績ボードを設置しました。大リーグ移籍後初となる「2番・投手」のリアル二刀流での出場や、日米通算100本塁打達成など、世界中を魅了している大谷選手をみんなで応援しましょう。

奥州市長 小沢 昌記

成績表掲示

大谷翔平選手の成績を掲示し、地元から声援を送ります。