ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > 定例記者会見(平成28年7月11日)

本文

定例記者会見(平成28年7月11日)

印刷用ページを表示する 更新日:2018年7月1日更新
<外部リンク>

発表項目

なし

市長からの情報提供

 現在、関係する団体に対してILCまちづくりビジョンの説明をしている。実際、関係団体自身がILCとどのような関わり方ができるのかといった話もあるが、農業関係団体であれば6次産業化への取り組みがILCに結びつくものであること、商工会議所では通常総会後の場面で説明をさせていただいた。できるだけ多くの方に認識を持っていただくこと、広く情報を共有していくことで意識の醸成を図っていきたい。

 希望郷いわて国体・いわて大会につきましては、ボランティアや寄付など、大会に向けた盛り上がりが一層感じられるようになってきた。ボランティアについては、手を挙げられた方が多く充足している状況でとても有難く思っています。市民の皆様には一人でも多くの方々に足を運んでいただき、本県選手のみならず、全国の選手を応援していただきたい。

自由懇談

Q:工業団地については、新たな造成を検討されていたかと思いますが、進捗状況を伺います。

A:新たな造成のため、どの場所で、どの規模でといった部分を検討しています。既存の団地との連携ILCとどのような関わりを持たせるか、予算的にも国からの交付金と市の負担分がどの程度のものなのか等について検討しています。あまり時間をかけていられない状況もありますが、慎重に進めるべきものと考えています。江刺フロンティアパークは、未分譲地が6割、比較的区画が小さく、大きな工場・企業の誘致のためには、2ヘクタール、3ヘクタールの区画が必要です。この検討については、近々の課題として取り組んでいるところです。