ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > 定例記者会見(平成28年12月14日)

本文

定例記者会見(平成28年12月14日)

印刷用ページを表示する 更新日:2018年7月1日更新
<外部リンク>

発表項目

(1)市内3スキー場のオープンについて

 ウインタースポーツシーズンを迎え、「国見平スキー場」が平成28年12月17日(土曜日)に、「越路スキー場」及び「ひめかゆスキー場」が同月23日(金曜日)にオープンします。今シーズンも良好なゲレンデで楽しいイベントを企画し、県内外のスキーヤーやスノーボーダーをはじめ、ご家族連れのお客さまにも楽しんでいただけるものとなっております。特にも、より多くの市内の小中学生がスキー体験できるよう、昨年に引き続き、3場でスキー等用具のレンタル利用料を平成28年度シーズン中、年末年始を除き無料といたします。せっかくの雪国、奥州市のすべての子供たちにスキー、スノーボードを体験していただきたいものです。また、恒例となっております全国イベント「雪マジ!19」が今年も行われ、3場とも事前登録した19歳だけ1日リフト券無料となっております。(事前登録→「雪マジ」で検索)

1市内3スキー場のオープンについて

  1. スキー場開き
    ア 越路スキー場 平成28年12月23日(金曜日)午前10時
    イ ひめかゆスキー場 平成28年12月23日(金曜日)午前10時
    ウ 国見平スキー場 平成28年12月17日(土曜日)午前10時
  2. 営業期間
    ア 越路スキー場 平成28年12月23日(金曜日)~平成29年3月5日(日曜日)
    イ ひめかゆスキー場 平成28年12月23日(金曜日)~平成29年3月5日(日曜日)
    ウ 国見平スキー場 平成28年12月17日(土曜日)~平成29年3月12日(日曜日)
  3. 特徴
    ア 越路スキー場 北上山系の越路には奥羽山脈を越えてくる乾燥した空気が流れ込むため、越路スキー場には粉雪が舞い降ります。他のスキー場が吹雪や強風の悪天候でも、盆地にある越路スキー場は強風を和らげ快適にスキーを楽しむことができます。初心者から上級者まで楽しめるゲレンデです。
    イ ひめかゆスキー場 怖~い山道を通らなくてもOK!雪道の運転が苦手な方も安心のアクセスです。また、スノーパークがあるので、キッカーやBOXでお楽しみください。スキー後のリフレッシュには「やけいし館」や「ひめかゆ」の温泉をぜひご利用ください。
    ウ 国見平スキー場 今シーズンも初心者~上級者コース、連絡コースなどゲレンデが充実。今年、新たな上級コースを新設いたしました。楽しさ雪だるま式の国見平スキー場をご利用ください。スキー後のリフレッシュには「国見平温泉」をぜひご利用ください。
  4. その他 3スキー場のスキー場開き終了後には、リフトを無料開放します。

2スキー等用具レンタル料に係る市内小中学生等無料化について

(1) 対象

市内に住所を置く中学生以下の者

(2) 対象施設

越路スキー場、ひめかゆスキー場、国見平スキー場

(3) 無料対象

スキー、スノーボードなどレンタル用具の利用料を期間中は毎日、初回申込みを減免規定で免除します。ただし、年末年始(平成28年12月28日~平成29年1月3日)を除きます。

(4) 料金体系
施設名 スキーセット
スノーボードセット
越路スキー場 大人・子供2,300円(スキーセット)、2,000円(スノーボードセット)
ひめかゆスキー場 大人2,500円
子供2,000円
国見平スキー場 大人2,600円
子供2,100円
(5) 無料期間

平成28年度シーズン中。ただし、年末年始(平成28年12月28日~平成29年1月3日)を除きます。

(6) 申込み

レンタル申し込み時に市内在住の中学生以下であることを証明するものを提示いただきます。

本人・・・名札、生徒手帳、健康保険証など

保護者等・・・免許証、健康保険証など

問い合わせ先

  • 越路スキー場:0197-39-2105
  • ひめかゆスキー場:0197-49-2105
  • 国見平スキー場:0197-52-6411

(2)前沢温泉「舞鶴の湯」営業再開について

 施設改修工事のため長期休止しておりました前沢温泉「舞鶴の湯」は、12月28日(水曜日)午前9時30分から営業を再開いたします。

当日は、紅白の大福もちを先着200名様に振舞うほか、売店では、りんご、野菜、鮮魚、前沢牛の特売、食堂では、100食限定で海鮮丼が500円、ラーメン、天ぷらそば・うどんが300円、ソフトクリームが100円と格安で販売します。スタッフ一同、精一杯おもてなしさせていただきますので、ご来館を心よりお待ち申し上げております。

問い合わせ先

前沢総合支所産業振興課(0197-56-2111、内線231)

(3)市勢功労被表彰者の決定について

 市では、公共の福祉の増進に寄与され、その功績が極めて顕著であった方、また市民の模範となるような功績があった方を、市勢功労者として表彰しております。今年度の市勢功労被表彰者5名及び1団体が決まりました。教育若しくは産業分野で永年にわたり市勢の発展及び地域の振興に貢献され、又は功績顕著であって市民の模範とするに足りると認められた方々です。被表彰者には、来年1月4日(水曜日)にプラザイン水沢を会場に行う、市民新年交賀会の席上で、表彰状を授与する予定です。被表彰者の氏名及び功績については、別紙のとおりです。

功労別内訳

  • 教育功労 2名
  • 産業功労 2名及び1団体
  • 特別功労 1名

問い合わせ先

総務企画部総務課 (0197-24-2111、内線454)

自由懇談

Q:市議会から政務活動費の増額の要望がありましたが、改めて市長の見解を伺います。また、2月に市議会が主催する懇談会でもその話題に触れるとのことですが、市としての判断材料になり得るのか伺います。

A:政務活動費につきましては、県外において不祥事が起き、本来どうあるべきものなのか全国的な話題なっているところです。議会からの要望の背景は十分に理解しているものの、本市としては行財政改革を進めている状況にあり、一緒に取り組んでいきたいという考えをもっています。かねてから議会より要望のあった議案のペーパーレス化については、平成29年度から数百万円をかけ機械や通信環境の整備をし、1年間は電子と紙との併用で行い、平成30年度からは完全ペーパーレス化となるよう進めています。政務活動費の増額の件については、市側からの動き出しを期待されているのですが、ご要望にお応えするのは難しいと考えています。2月に開催が予定されている懇談会において、話題とされた政務活動費に対する市民の意見やその動向については、是非参考にしたいと考えています。

Q:現副市長の4年の任期のうち2年目を終えるところですが、派遣による職員が就いた場合、任期中でも2年で人事異動により降任するケースが見受けられますが、市としてどのように考えているのか伺います。

A:現副市長には4年の任期を全うしていただきたいと思っています。市としてその意向は総務省にも伝えているところです。有能な副市長でありますし、抱える市の問題に対してこれからも十分にその力を発揮して欲しいと考えています。

Q:指定管理となる地区センターがさらに増えることになりますが、このことに関して協働のまちづくりへの現状の評価と今後必要とされる支援について伺います。

A:振興会活動の事例発表会が11月に開かれ、その活動についてお話を伺いました。各振興会では、非常に努力をされ、これまでの経験を土台に地域に活力を与えようとの意欲を感じることができました。とても心強く思っています。市としては、指定管理となった地区センターからは職員を引き上げることになりますが、協働のまちづくり部を中心に、情報交換や情報共有を強化し、できる限りの支援にこれまでの何倍もの力を注いでまいりたいと思っています。29年度から新たに指定管理となる地区センターを含め、30施設中25施設が指定管理化におかれます。これは、地域が前向きに受け止めていただいた結果です。残る5施設については、地域事情によって直ぐに移行できない理由があり、十分に理解できるところであります。現状の数字は、積極的な取り組みの結果として高く評価しているところです。

ダウンロード

【別紙】市勢功労者一覧[Excelファイル/18KB]