ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > 定例記者会見(平成29年9月15日)

本文

定例記者会見(平成29年9月15日)

印刷用ページを表示する 更新日:2018年7月1日更新
<外部リンク>

発表項目

第10回いわての森林(もり)の感謝祭の開催について

 平成29年9月23日(土曜日)に奥州市前沢区において「第10回いわての森林の感謝祭」を開催します。「いわての森林の感謝祭」は、県民参加による植樹・育樹活動を通じて森林の恵みに感謝する事業として、岩手県内の自治体を持ち回りで平成19年度から開催されています。震災の影響で平成23年度は中止となりましたが、翌24年度から再開され、今回で通算10回目の開催となります(昨年度は洋野町で開催)。

1開催概要

  1. 日時 平成29年9月23日(土曜日)10時00分~13時15分
  2. 会場 式典:前沢ふれあいセンター 植樹:奥州万年の森公園
  3. 主催者
    第10回いわての森林(もり)の感謝祭実行委員会
    (構成:岩手県、奥州市、(公社)岩手県緑化推進委員会)
  4. 出席者
    岩手県知事(副知事代理出席)、岩手県議会議長、奥州市長、
    奥州万年の森をつくる会会長、地元小学校児童、
    一般参加者等 約800
  5. 開趣旨
    次世代への緑あふれる森林の継承
    社会全体で支える森林づくり
    第10回奥州万年の森植樹祭との併催
  6. 活動内容 植樹活動 広葉樹苗木(14種類 3,500本)、抵抗性アカマツ 100本
  7. その他 今回植樹する広葉樹苗木の一部は、前沢小学校の児童が育てた苗木を使用します。

問い合わせ先

農林部農地林務課(0197-24-2111・内線374)

自由懇談

Q:今朝、北朝鮮のミサイル発射を受けてJアラートが鳴りましたが、トラブルなどはなかったのか伺います。また、前回のミサイル発射の際もJアラートが鳴りましたが、防災無線が聞き取れなかったなどのトラブルがなかったのか併せて伺います。

A:今朝はトラブルなく対応しました。ミサイル発射から着弾まで10分足らずですので、国内に着弾する可能性がなければ緊急告知ラジオや携帯電話などでの発射のお知らせだけにとどまるものと思います。この状況が続くのか予測はできませんが、内部で市民にとって安全な行動とはどんなことが考えられるのかを検討し、市としての安全対策の考え方をお知らせしていきたいと考えています。また、前回のJアラートについても、大きな混乱はなかったものと思っています。一部地域でサイレンが鳴らなかったという報道もあり担当課において調査しましたが、どう行動すればいいのか分からなかったという声はあったものの、サイレンが鳴らなかったのが致命的というような話は受けていません。全区においてサイレンの設備があるわけではありませんので、緊急告知ラジオなどを活用したきめ細かな情報提供に力を入れた方が良いのではないかと考えています。

 市が想定している災害には大地震やゲリラ豪雨などによる水害があります。水害については気象予報が的確ですので、避難準備に関する発令により、危険と思われる住民に告知することができる体制を取っています。地震については発災後の対応になりますが、被害が甚大な地域、二次被害が予想される地域について速やかに避難を誘導し、避難場所の設営や運営に対応できる準備をしています。一定のセーフティネットは敷かれていると考えています。

Q:東芝の工場が北上市に建設されるとの報道がありましたが、規模を考えると周辺の市町村にも影響なり効果をもたらすものと考えられます。このことについてどのように受け止めているのか、また期待の一方、周辺の雇用環境に及ぼす影響についてどのように分析しているのか伺います。

A:現在は、情報の収集を進めている状況にあり、ご質問の主旨にあるとおりの懸念と期待を持っているところです。以前から東芝は北上市を中心に大きな資本投下をされている中、今回の補強により最先端の技術を用いた製品を生産されることについては県南地域にとっても大変喜ばしいものと思っています。岩手としても自動車産業や半導体分野において工業集積を進めてきた経過にさらに拍車がかかるものですし、一方、自動車産業ではトヨタ東日本が現地調達を100パーセントとする目標を掲げられていることも県南への企業誘致が推進できる状況にあるといえます。そんな中、業種を異にしても労働力の確保については大きな課題があります。こういった動きに対応するため、前向きに岩手そして宮城が連動して整備された労働環境や居住環境を強くアピールすることが必要だと考えます。都市部に職業を求める動きに劣らない、地方で働き、暮らす魅力の価値観を提案していくことが求められていると感じています。奥州の魅力を発信することで人を集積し、その人たちによる働く力、奥州を支える力を発揮してもらう好循環を生み出したいと考えています。