ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > 奥州羅針盤(28年10月)

本文

奥州羅針盤(28年10月)

印刷用ページを表示する 更新日:2018年7月1日更新
<外部リンク>

 今月、第71回国民体育大会「希望郷いわて国体」が開催され、全国から集まった選手により素晴らしい熱戦が繰り広げられました。多くの人が会場に足を運び、熱い声援を送るなど大変盛り上がりました。国体の実施に当たっては、大会関係者をはじめ、ボランティアや多くの市民の皆さまにご協力をいただきました。深く感謝申し上げます。ありがとうございました。この大会を機に、本市の「おもてなしの心」を一層磨き、市民スポーツを振興してまいります。

 先月、敬老会が市内各所で開催され、祝唄や余興で長寿を祝いました。また、盛岡市で開催された県民長寿体育祭いきいきシニアスポーツ大会では、奥州地区チームが2年ぶりに優勝しました。シルバー世代の皆さまには、これからもスポーツや趣味、地域活動など精力的に取り組んでいただき、地域の良き先輩としてご活躍いただきたいと願っています。

 東北道奥州スマートインターチェンジの着工式が胆沢区小山地内で行われました。広域的な物流や人的交流の促進、観光の振興などさまざまな経済効果が期待されるほか、県立胆沢病院から岩手医大附属病院までの患者搬送時間の短縮により更なる救命率の向上が図られます。2018年3月の供用開始を目指し、建設を進めてまいります。

 東北地方を横断した台風10号は、沿岸地方に甚大な被害をもたらしました。復旧に時間がかかることから、市では被災地に職員を派遣するなど引き続き支援してまいります。また、先月、市総合防災訓練を前沢区内を主会場に行いました。いつ起きるか分からない自然災害に備え、日頃の防災意識を高めながらさまざまな訓練を行い、被害を最小限にくい止めるよう努めます。

奥州市長 小沢 昌記

奥州インターチェンジの完成イメージ図の前にて