ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > 奥州羅針盤(29年1月)

本文

奥州羅針盤(29年1月)

印刷用ページを表示する 更新日:2018年7月1日更新
<外部リンク>

 おだやかな初春をお迎えのこととお慶び申し上げます。

 素粒子物理学に関する国際会議「LCWS2016」が先月、盛岡市を主会場に開催されました。LCWSは、直線型加速器を用いて素粒子実験を行う物理学者らが最新の研究成果などの意見を交わす場です。県民集会「ILCシンポジウムin岩手」も開催され、パネリストとして参加しました。本市の魅力ある食や祭り、そして歴史ある国立天文台水沢VLBI観測所を紹介し「サイエンス・ファースト」の重要性を強調してまいりました。今後もさまざまな取り組みで地元の熱意を伝え、ILC建設への機運を高めてまいります。

 県競馬組合の議会において、今年度の業績が好調で2億円程度の最終利益が見込めることから、融資元金の一部を返済する方針が決まりました。冬期の業績を踏まえて最終決定となりますが、返済されれば平成19年の融資後初となります。この10年間を頑張り黒字経営してきた関係者の皆さんと心を一つにして、同組合の更なる発展と融資返済につなげていきたいと願います。

 日本ハムの大谷翔平投手が球団事務所で契約更新に臨み、高卒5年目としてはダルビッシュ有投手と並ぶ過去最高額の推定2億7千万円で更新しました。また、球団から来シーズンオフ以降に米大リーグへ挑戦することを容認されました。大リーグ挑戦かプロ野球入りかで悩んだあの日から4年が経ち、二刀流の活躍で自ら道を開きました。トレーニングでレベルアップに余念がない大谷投手。来季の飽くなき挑戦に期待します。

 本年は丁酉(ひのととり・ていゆう)です。丁(てい)は「安定する」、酉の年は「商売繁盛に繋がる」といわれています。皆さまにとって安定した実りある年となりますように。

奥州市長 小沢 昌記

市長室にて