ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > 奥州羅針盤(29年6月)

本文

奥州羅針盤(29年6月)

印刷用ページを表示する 更新日:2018年7月1日更新
<外部リンク>

 紫陽花が大輪の花を咲かせる季節となりましたが、いかがお過ごしですか。

 市内3大マラソン大会を一本化して初の開催となった「いわて奥州きらめきマラソン」は、全国各地や台湾も含め4,034人もの愛好者が出場し、素晴らしい大会となりました。炎天下のもと、ランナーは地元の声援を受けながら奥州市内を軽やかに駆け抜けました。大会成功に向けて従事されました関係者の皆さん、そして声援を下さった多くの市民の皆さんに心より感謝申し上げます。

 ことし8月に県内で初開催となるカヌージャパンカップに向けて、市実行委員会を設立しました。昨年盛大に開催されたいわて国体カヌー競技では、胆沢ダム直下の豊富な水量から、関係者より胆沢川特設コースが国内有数のコースと高い評価を得ました。いわて国体のレガシーとして引き継ぎ、大会の成功そして合宿誘致に活用し、本市を全国にアピールしてまいります。

 第4期となる市協働のまちづくりアカデミーが開講しました。本年度は20~60代の17人が受講し、1年間の講義や地域課題解決に向けた実習を通じて人材を育成します。アカデミーでの出会いと学びで発想力を磨き、さまざまなアイデアで地域を元気にしてほしいと思います。

 前沢区本杉工業団地内に新工場を建設する自動車部品塗装業の五和製作所と市の立地調印式が行われました。同社は、愛知県や福岡県、米国に工場がありますが、東北への進出は初めてです。約4億円を投じて新工場を建設し、平成30年をめどに操業を開始します。地元雇用は、操業時が25人、今後10年で100人程度まで増やす計画です。同社の更なる発展と雇用拡大を大いに期待します。

奥州市長 小沢 昌記

奥州きらめきマラソンでスターターを務める小沢市長