ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > 奥州羅針盤(29年10月)

本文

奥州羅針盤(29年10月)

印刷用ページを表示する 更新日:2018年7月1日更新
<外部リンク>

 朝夕はめっきり涼しくなりましたが、皆様いかがお過ごしですか。

 平成28年度の決算報告です。一般会計の実質収支が4億2,638万円、特別会計9会計が6億8,026万円の黒字となりました。財政を圧迫する可能性の度合いを示す将来負担比率は111.4%で前年度に比べ10.1ポイント改善、財政の余裕を計る財政力指数は0.42で前年度比0.01ポイント上昇するなど、市の財政は順調に改善しています。人口減少、少子高齢化に対応するため、行財政改革の確実な推進を図りながら、健全な財政運営に努力してまいります。

 和牛のオリンピックと呼ばれ5年に一度開催される全国和牛能力共進会宮城大会に出席しました。JA岩手ふるさと管内から11人が13頭を出品。繁殖雌牛群に出品した和牛が優等賞9席に選ばれました。今回は上位を九州勢に独占されましたが、次の大会での巻き返しを期待します。

 姉妹都市長沼町の開基130年記念式典に出席し節目を祝いました。長沼町は、明治20年に水沢出身の吉川鉄之助が入植して開拓が始まり、その縁で本市との交流が続いています。長沼町の更なる発展と交流が深まることを切に願います。

 いわての森林の感謝祭が奥州万年の森で開催されました。前沢小学校の児童が種子から育てた苗木を含む広葉樹など14種類3,600本が植樹されました。森の恵みへの感謝と植樹活動の輪が、全国に広がることを願います。

 先月、市総合防災訓練が市内各所で行われました。大雨や地震発生を想定し、行政、地区防災組織による情報伝達、避難所運営などの訓練を実施しました。市民一人一人の防災意識を高め、身近に起こる自然災害に備えてまいります。

奥州市長 小沢 昌記

記念植樹を行う小沢市長(いわての森林の感謝祭)