ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 奥州市オープンデータサイト

本文

奥州市オープンデータ

印刷用ページを表示する 更新日:2018年10月1日更新

オープンデータの取組とは

国や地方公共団体が保有する公共データにおいて、「機械判読に適したデータ形式」で「営利目的、非営利目的を問わず二次利用可能なルール」で公開されたデータを民間企業や団体等が効果的に活用し、まちづくりなどに生かしていこうという取り組みです。
オープンデータの推進により、行政の透明性と信頼性の向上、住民生活の利便性の向上、官民協働の促進、経済の活性化、行政の効率化などにつながることが期待されています。

オープンデータ推進の意義

市が、オープンデータを推進する意義は、次のとおりです。

  • 行政の透明性及び信頼性の向上
    市が保有する情報をオープンデータとして公開することにより、市の施策の妥当性等について理解し、又は評価することが可能になり、市政の透明性及び信頼性の向上が図られます。
  • 市民生活の利便性の向上
    オープンデータ活用の進展により、多様なサービスが創出されることで、市民が享受できるサービスの質の向上、選択の幅が広がり、市民生活の利便性の向上が図られます。
  • 市民協働の促進
    公共データが市民に活用されることで、市政への参画意識の高まり、市の課題を協働解決するための礎が創られます。
  • 新産業の創出、経済の活性化
    オープンデータが産業活動に関する様々な分野で活用されることで、新産業の創出や企業活動の効率化、市内経済の活性化が促されます。
  • 行政における業務の高度化、効率化
    データ活用により得られた情報を根拠として政策や施策の立案が行われることで、効果的かつ効率的な行政の推進に繋がります。

オープンデータ推進指針

市のオープンデータ推進に向けた基本的な考え方や方向性などを定めた指針を策定しています。
この指針に基づいて、市が保有するデータの公開を行っていきます。

利用ルール

オープンデータの利用に際しては、利用規約に従っていただくようお願いします。
また、データのご利用をもって、本規約の内容に同意したものとみなします。
本規約の内容は、必要に応じ、予告することなく変更することがありますので、データの利用に際しては、最新のものを確認してください。

ライセンス

オープンデータは、特に記載のない限り、「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス 表示 4.0 国際(CC BY)<外部リンク>」に基づき利用することができます。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスは、著作物の再利用についての国際的なルールです。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの例

免責事項

  • データの完全性等について、保証を行うものではありません。
  • データ利用等により生じた結果について、市は責任を負いません。
  • 利用者の規約違反、第三者の権利侵害に起因して生じた苦情や請求について、市は責任を負いません。
  • 公開するデータは、予告なく名称、内容等の改変や削除、サービスの停止を行うことがあります。
  • リンク切れ等表示に関わる不具合その他の影響、損害について、市は責任を負いません。
  • 不可抗力によってサービスが停止したことを起因とする損害について、市は責任を負いません。

関連情報

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)