ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 上下水道部 > 排水設備改造資金の融資あっせん及び利子補給金制度

本文

排水設備改造資金の融資あっせん及び利子補給金制度

印刷用ページを表示する 更新日:2021年4月1日更新
<外部リンク>

  市では下水道や市営浄化槽に接続する既存住宅の排水設備工事を行う資金の融資あっせん利子補給(金融機関から受けた融資の利子分を市で負担)を行います。

対象の工事は

既存の一般住宅、併用住宅、共同住宅及び長屋住宅(新築工事、店舗や事務所は対象外)に、建築物の所有者又は占有者若しくは使用者が排水設備を設置する工事に係る経費及びトイレ水洗化に伴う次の費用

  • 便器設置に伴う床の張り替え等の大工工事費
  • 便器の給水及び電気工事費
  • 便器購入費

 ※奥州市が指定する「奥州市下水道排水設備工事指定店」が行う工事に限ります。

利子補給の融資条件は

  • 一件につき100万円まで。
  • 返済方式は、5年(60回)以内の元金均等月賦償還
  • 令和3年度の融資利率は1.50%。※固定金利(完済まで融資実行年度の利率を適用)。
  • 返済が遅延した場合は、その期間の利子補給はしない。
  • 融資金融機関は、岩手銀行、東北銀行、北日本銀行、水沢信用金庫、岩手ふるさと農業協同組合、岩手江刺農業協同組合、東北労働金庫の奥州市内にある本店及び各支店

※その他の融資条件(収入要件、連帯保証人など)は金融機関によって異なりますので、融資を希望する金融窓口でご確認ください。

例)100万円の工事資金融資で利子補給を受けた場合の例(5年60回払い)

<利子の計算方法>融資残額×利率×日数÷365日
返済回数 融資残額 元金 利子
1(4月) 1,000,000円 16,700円 1,232円
2(5月) 983,300円 16,700円 1,252円
3(6月) 966,600円 16,700円 1,191円
58(1月) 48,100円 16,700円 61円
59(2月) 31,400円 16,700円 36円
60(3月) 14,700円 14,700円 18円

※ 申請者は元金のみを分割払いします
※ 市は利子補給合計金額 38,034円 を完済まで金融機関に払います。ただし、返済が遅延した場合にはその期間の利子補給は行いません。

申請者の要件は

  • 建築物の所有者または占有者若しくは使用者(市営浄化槽においては建物所有者)
  • 市税、下水道事業受益者負担金、農業集落排水事業分担金、市営浄化槽分担金の滞納がないこと

申請方法は

下記「排水設備改造資金あっせん及び利子補給金交付の流れ」のとおり。

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)