ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 上下水道部 > 奥州市水道管遠距離給水工事費補助金

本文

奥州市水道管遠距離給水工事費補助金

印刷用ページを表示する 更新日:2018年7月1日更新
<外部リンク>

 市では、本管(市の配水管)との距離が離れている世帯を対象に、予算の範囲内で給水工事に必要な経費の一部を補助金として交付しています。補助金の交付には、条件があります。詳しくはお問合せください。

補助対象となる条件

下記の条件を全て満たした場合に対象となります。

  1. 道路に敷設する新設工事で、完成後、1週間以内に使用開始を行う工事
  2. 本管から宅地までの、道路内の延長が50mを超える工事
  3. 工事申込者が自ら使用する居住用住宅の工事
  4. 過去に補助金対象路線となった道路でなく、対象路線に接する土地所有者が複数の場合には、関係する土地所有者と協議を整えること(協議とは、今後水道を使用する意思がある場合はこの機会に参加してもらうこと、ない場合はその意思を示すことを言います)

※開発行為に伴う新設工事や、業務用の建築物または共同住宅や貸家などの建築に伴うものは対象外です。

補助金の額

 工事延長(本管から宅地取出し位置までの距離)から50mを引いたものに、(1)~(5)の補助額をかけた額で、50万円が限度です。
【例】工事延長が110mの工事(1件) (110m-50m)×5,000円/m=300,000円

補助額

  1. 1件 1メートルにつき5,000円
  2. 2件 1メートルにつき2,500円
  3. 3件 1メートルにつき1,600円
  4. 4件 1メートルにつき1,200円
  5. 5件以上 1メートルにつき1,000円

※件数は、設置される水道メーターの個数