ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 奥州市Web博物館 > 奥州市の紹介 > 歴史資料等調査記録事業成果公開 > 国立歴史民俗博物館・合同会社AMANEと地域資料継承支援事業の覚書を締結しました!

本文

国立歴史民俗博物館・合同会社AMANEと地域資料継承支援事業の覚書を締結しました!

印刷用ページを表示する 更新日:2020年4月1日更新
<外部リンク>

奥州市教育委員会では、国立歴史民俗博物館(メタ資料学研究センター)と合同会社AMANEとの間で、「産学官連携に基づいた地域資料継承支援事業」の覚書を令和2年2月28日に締結しました。

事業概要

近年、大規模災害や世代交代による意識変化により、全国的に資料の滅失・散逸が急速に進んでいます。このような状況に対し、産学官の三者が連携し、公有・民有を問わず地域での資料保全の基盤構築を図るため、覚書を交わし標記事業を開始しました。将来的には、本事業で保全した資料情報を地域社会発展のために活用できるよう、事業体制を構築していきます。このような取組は全国で初めてとなります。

今後の活動

・奥州市所蔵資料について、国立歴史民俗博物館データベース「khirin」(キリン)に各機関連携の下で順次掲載していきます。データベースにつきましては、現在公開に向けた準備中です。
・公有・民有問わず市内の資料及び市内に関係する資料に関して、継続的に地域で保存する体制を構築するための調査・研究を開始します。

覚書概要 [PDFファイル/682KB]

関連リンク

国立歴史民俗博物館:産学連携で地域資料に取り組む―岩手県奥州市・合同会社AMANEと地域資料継承支援に関する覚書を締結―<外部リンク>

合同会社AMANE:国立歴史民俗博物館・奥州市との産学官連携事業の開始について<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)