ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

文化財関係施設の開館について

印刷用ページを表示する 更新日:2021年9月17日更新
<外部リンク>

下記施設について、新型コロナウイルス感染症岩手県緊急事態宣言に伴い臨時休館としておりましたが、宣言解除により、9月18日より通常通り開館します。

対象施設

・奥州市牛の博物館

・奥州市埋蔵文化財調査センター

・高野長英記念館

・斎藤實記念館

・後藤新平記念館

・菊田一夫記念館

・奥州市武家住宅資料館

・胆沢郷土資料館

・衣川歴史ふれあい館

・旧岩谷堂共立病院

・旧後藤家住宅

・旧後藤正治郎家住宅

開館日

令和3年9月18日(土曜日)より

留意事項

・当面の間、「緊急事態宣言発出都道府県」及び「まん延等防止措置適応都道府県」居住の方は入館をご遠慮願います

・マスクあるいは口を覆うものを身につけて入館ください

・館内に設置しているアルコール消毒液でのこまめな手指消毒、手洗などの感染症予防にご協力願います

・発熱や風邪症状(せき・くしゃみ、喉の痛みなど)のある方、また、だるさ、息苦しさがある方、体調に不安がある方は、入館をご遠慮ください

・展示室内では、隣の方と十分な間隔をとってご見学ください。なお、混雑状況によっては、入場制限を実施することがあります