ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 政策企画課 > 米からエタノールをつくるプロジェクトを紹介します

本文

米からエタノールをつくるプロジェクトを紹介します

印刷用ページを表示する 更新日:2012年5月2日更新
<外部リンク>

水田からエネルギーを生む、米エタノール化事業

市の基幹産業である、稲作。しかし、米の生産調整による転作が拡大し、米をつくることができる水田が減少しています。 水田と米作りの技術を活かして、まちづくりや新たな雇用の創出、起業へ結びつけることを目的とし、市は、新エネルギー開発事業に取り組んでいます。

米エタノール化事業は、エネルギーを生み出すだけではなく、下の図のように、地域が循環し、工業、畜産など様々な分野に活用することができるのです。

地域循環型プロジェクト図。エタノール用米を作り、そこからエタノールと米もろみ粕を製造する。エタノールは消毒剤や燃料に、米もろみ粕は畜産飼料やせっけんの材料になる。家畜のふんはたい肥となり、農地に還元される。

米は地域を活性化する最大の資源です。この豊かな奥州の地を活かして未来へつながる新しい産業をつくりたい。その強い思いが「新エネルギー」の取り組みを生み、活動の支えとなっています。

未来へ続く新エネルギーの取り組みは、未来をつくる希望のプロジェクトです。このプロジェクトを成功させるためにも、皆さんのご支援をよろしくお願いします。 

プロジェクトについてもっと詳しく知りたいという方、エタノール製造現場見学をしたいという方は下記問い合せ先までご連絡をお願いします。

下記リンク先から本事業について特集した平成23年広報おうしゅう5月本号をご覧いただけます。

関連情報

平成23年広報おうしゅう5月本号