ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 地域づくり推進課 > 市民活動を応援しますー市民活動総合補償制度

本文

市民活動を応援しますー市民活動総合補償制度

印刷用ページを表示する 更新日:2017年9月15日更新
<外部リンク>

 市では振興会や自治会、市民活動団体等が安心して市民活動を行うことができるよう、市民活動総合補償制度に加入しています。保険料は市が負担しているもので、事前の申込みや登録等の手続きは不要です。

対象となる活動と対象者

 市内に活動拠点を置く市民活動団体が主体的に行う非営利活動であって、継続性・公益性がある活動。その活動の参加者やスタッフなどが対象となります。

 有償ボランティアや委託事業・単発的・特定の個人や団体のための活動は対象外です。また、地縁認可団体以外の法人による市民活動は対象となりません。

対象となる団体(例)

地区振興会、自治会、町内会、交通安全母の会、食生活改善推進協議会献血推進協議会、子ども会、教育振興会、読み聞かせボランティア団体、体育協会、芸術文化協会、公衆衛生組合、国際交流団体等

対象となる活動(例)

地域社会活動

  • 自治会、町内会等の活動
  • 地域防犯、防火、防災活動
  • 交通安全運動
  • 花いっぱい運動

地域福祉・

社会奉仕活動

  • 雪かきボランティア
  • 敬老会でのボランティア活動
  • 子どもの見守り活動

保健衛生活動

  • 食生活改善活動
  • 献血奨励活動

環境保全活動

  • 資源回収、リサイクル活動
  • 河川、用水路等の清掃活動

教育文化

スポーツ活動

  • 教育振興活動
  • 伝統文化の継承、振興活動
  • 子ども会活動
  • 読み聞かせボランティア
  • 地区民運動会
  • 地区対抗スポーツ大会

国際交流活動

  • 地域に居住する外国人との交流活動
  • 通訳ボランティア

その他

  • 消費者保護活動
  • 人権啓発活動

対象とならない活動(例)

賠償責任

補償

傷害補償

共通

  • 故意又は法令違反によるもの
  • 地震や津波などの天災によるもの
  • 国外での活動
  • 宗教・政治・営利を目的とした活動
  • 趣味・懇親を目的とした活動
  • 保育所や学校の行事
  • 競技レベルの向上を目的として開催されるスポーツ活動
  • 避難者救助、害獣駆除等の危険度の高い活動

賠償責任

補償

  • 交通事故などの車両によるもの
  • 親族などに対するもの
  • 現金、証券、宝石、美術品等

傷害補償

  • 公務災害・労働災害の適用を受けるもの
  • 疾病、脳疾患、心疾患等の持病によるもの

補償内容

賠償責任補償

市民活動中に第三者に怪我をさせたり、物を壊した場合

賠償の種類 支給事由 支払限度額(免責金額0円)
施設賠償

活動者の過失により賠償責任が生じた場合

例)かけ看板が倒れ、行事参加

者が下敷きになりケガをした

  • 対人
    • 1人1億円、1事故5億円
  • 対物
    • 1事故 2,000万円
生産物賠償

製造・販売・提供したものにより賠償責任が生じた場合

例)行事でつくった食品の保管

状況が悪く食中毒になった

  • 対人
    • 1人1億円、1事故 5億円
    • 期間中 5億円
  • 対物
    • 1事故 2,000万円
    • 期間中 2,000万円
受託者賠償

一時的に保管・管理している物を滅失・き損・汚損した場合

例)地区祭のため借りてきた

送機材を落とし壊してしまった。

  • 1事故 500万円
  • 期間中 500万円

傷害補償

 市民活動中に偶然による事故により負傷等した場合

補償の種類

支給事由

支払限度額(免責金額0円)

 死亡補償金

180日以内に死亡した場合

400万円

後遺障害補償金

180日以内に後遺障害を生じた場合

程度に応じて12万円~400万円

入院補償金

180日以内の間に入院による治療を受けた場合

1日につき3,000円

手術補償金

入院中に手術を受けたとき

手術の種類に応じて

3万円~12万円

通院補償金

通院による医師による治療を

受けたとき

(180日間で90日が限度)

1日につき2,000円

手続き方法

 事故が起きた時は、活動を主催した市民活動団体が市に連絡し、事故報告書を提出してください。添付書類として主催団体の規約・事業計画書・実施要項等が必要となります。

ダウンロード

事故報告様式[Wordファイル/26KB]