ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 農業委員会事務局 > 平成31年度奥州市農作業労賃標準額表

本文

平成31年度奥州市農作業労賃標準額表

印刷用ページを表示する 更新日:2018年12月26日更新
<外部リンク>

 平成31年度の農作業労賃標準額を次のとおり定めました。「頼む人」「頼まれる人」がお互いが理解し合い、安定した農業経営ができるようご協力をお願いします。
※印刷用のPDFファイルは、下の「ダウンロード」にありますのでご活用ください。

適用期間 平成31年4月1日から翌年3月31日までの1年間

人力作業の部 

作業区分 標準額(円) 摘要
1日(8時間) 1時間当たり 超過1時間当たり
水田作業 7,200 900 1,130 全て一般的な作業の場合の標準額です。
畑作業 6,400 800 1,000
果樹作業 6,400 800 1,000
オペレーター 10,400 1,300  

※適用期間中に岩手県最低賃金が改定され、標準額が最低賃金を下回った場合は、最低賃金以上の額としてください。

機械作業の部(表中の金額には、オペレーター1人を含みます。)

作業種目 機械等 単位 税抜
標準額(円)
税込(8%)
標準額(円)
 摘要
畦畔塗り あぜ塗り機 1m 50 54 片面打ち
施肥 マニュアスプレッター 10a 4,300 4,644 1月2日t積基準 圃場での積込散布
ブロードキャスター 1,000 1,080 1回基準   圃場での積込散布
育苗 稚苗・中苗 1箱 700 756 ハウス渡し 苗の運搬料は別途
耕起 耕うん機
トラクター
10a区画未満 10a 6,800 7,344 深さ12cm基準
10a~30a区画未満 6,500 7,020
30a区画以上 6,200 6,696
代かき 10a区画未満 10a 8,400 9,072 植付可能まで
10a~30a区画未満 8,000 8,640
30a区画以上 7,600 8,208
田植 田植機 10a区画未満 10a 6,400 6,912 側条施肥は 1,000円(税込1,080円)加算
農薬同時散布は1種類 300円(税込324円)加算
10a~30a区画未満 6,100 6,588
30a区画以上 5,800 6,264
直播機 10a 5,400 5,832 播種のみ
防除 背負式動力散布機 10a 1,000 1,080 1回基準 薬剤費は実費加算
動力噴霧機 2,300 2,484
溝切り 溝切り機 10a 3,000 3,240 1m10円相当 10条に1本基準
刈取 バインダー 10a 6,500 7,020 刈取のみ 紐代は実費加算
コンバイン 10a区画未満 10a 19,400 20,952 籾の運搬料は 別途
10a~30a区画未満 18,500 19,980
30a区画以上 17,600 19,008
脱穀 ハーベスター 10a 7,800 8,424 結束、カッターは実費加算、籾の運搬料は別途
乾燥
+
籾摺調製
水分17%以下 30kg 650 702 籾摺調製料 380円(税込410円) を含む。
袋代は実費加算、運搬料は別途
モチ米は30kg当たり 40円(税込43円)加算
※水分仕上げは、農協等の目標値に仕上げること。
水分17.1~20% 700 756
水分20.1~25% 740 799
水分25.1%以上 770 831
籾摺調製 籾摺機 30kg 380 410  
色彩選別 色彩選別機 30kg 195 210 運搬料は別途
草刈 背負式刈払機 1時間 2,000 2,160 刈り倒し
作業種目 機械等 単位 税抜
標準額(円)

税込(8%)
標準額(円)

摘要
大豆
(転作田)
砕土播種施肥 10a 7,700 8,316 代かきハロー
耕起播種施肥 12,100 13,068 逆転ロータリー
刈取 13,000 14,040 コンバイン
牧草
(転作田)
刈取 10a 2,000 2,160 モーア1回
反転 900 972 レーキ1回
集草 1,300 1,404 レーキ1回
コンパクトベーラ 1梱 160 172 15kg標準
ロールベーラ 1梱 2,000 2,160 120cm程度
4,000 4,320    〃   (ラップ)
1梱 1,000 1,080 100cm程度
2,000 2,160    〃   (ラップ)
  1. この表は、あくまでも「標準額」を定めたものです。圃場の条件、作業条件、燃料費の変動、集落等の実態や不整形地、排水不良、作物の倒伏等による作業条件に合わせて、協議のうえ、料金調整を行ってください。
  2. 機械の移動費については、移動距離を考慮し、協議のうえ設定してください。
  3. 農作物のトレーサビリティシステム及びポジティブリスト制度の実施により、より厳格な取扱いが求められています。防除、刈取、脱穀、乾燥・籾摺調製等の作業の実施に際しては、特にも充分な配慮をお願いします。

トレーサビリティシステムとは

食品の生産から流通までの「履歴」を記録し、いつでもどこからでも遡って確認することのできる制度・システムです。

ポジティブリスト制度とは

残留基準の設定されていない農薬等が残留する食品の流通を禁止する制度です。

ダウンロード

平成31年度奥州市農作業労賃標準額表 [PDFファイル/170KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)