ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 農業委員会事務局 > 耕作目的で農地を売買・貸借等する場合には許可が必要です!!

本文

耕作目的で農地を売買・貸借等する場合には許可が必要です!!

印刷用ページを表示する 更新日:2018年3月27日更新
<外部リンク>

農地(田又は畑)を耕作目的で売買、贈与又は貸借等をする場合には、農地法に基づき農業委員会の許可が必要です。

1 農地法第3条申請にあたって

農地を耕作目的で所有権移転や賃貸借権の設定等をする場合には、農地法第3条の規定により農業委員会の許可が必要です。
許可するにあたっての主な判断基準は次のとおりです。
権利を取得する人はこの要件すべてを満たす必要があり、「継続的な耕作ができない」「農地転用を考えている」などの場合は許可することができませんので、ご注意願います。

※農地転用をご検討されている場合には、農地法第4条、第5条の申請手続きとなります。

申請農地についての許可を受け権利取得後に、

  • 自作の農地や借りている農地すべてについて、効率的に利用して耕作すること。
  • 農業経営に必要な農作業に常時従事すること。
  • 耕作する農地の合計面積が50アール以上であること。
  • 地域における農地等の農業上の効率的・総合的利用の確保に支障が生ずるおそれがないこと。

法人による所有権取得の場合は、農地所有適格法人であること。

2 手続の相談、申請の窓口

申請する農地がある地域の農業委員会事務局(本庁又は分室)が窓口となり、相談や申請受付をしています。許可申請するときは、譲渡(貸)人と譲受(借)人の両者が申請書に所定の書類を添付して、窓口に提出してください。

※添付書類の不足、押印もれ等がある場合には受付できませんので、日程に余裕を持って申請願います。
※やむを得ない事情により申請者自らが直接申請できない場合には、行政書士の資格を有する人か、もう一方の申請者に委任状により委任して申請してください。

申請のお問い合わせ、受付窓口

農地がある地域の農業委員会事務局までお願いします。

奥州市農業委員会事務局

  • 水沢地域 本庁 0197-34-1754
  • 江刺地域 江刺分室 0197-34-1624
  • 前沢地域 前沢分室 0197-34-0264
  • 胆沢地域 胆沢分室 0197-34-0314
  • 衣川地域 衣川分室 0197-34-2363

 3 申請から許可までの流れ

申請から許可までは約1か月かかりますので、早めの手続きをお願いします。

申請から許可指令書の交付まで

日程

1.申請締切日

毎月5日(祝日休日の場合はその前の開庁日)

2.総会(申請の可否の決定)

同月25日(祝日休日の場合その前の開庁日)

3.許可指令書の交付

総会で決定後

4 申請に必要な書類

申請書3部と申請書(別添)1部に、該当する書類を添付して申請してください。
特段の事情がある場合には下記以外の書類を提出していただくことがありますので、詳しくは農業委員会にお尋ねください。

 

提出書類

部数

説明

備考(書類交付先)

1

農地法第3条の規定による許可申請書[様式第1号]

3部

 

 

2

農地法第3条の規定による許可申請書(別添)[様式第2号]

1部

 

 

3

申請農地の登記事項証明書

1部

全部事項証明書に限ります。

法務局

4

賃貸借(又は使用貸借)契約書

3部

賃貸借(又は使用貸借)の場合

 

5

耕作している農地がある市町村の農業委員会からの耕作証明書

1部

市内の耕作地が50アールに満たさない譲受(借)人で、他市町村に耕作地がある場合

農地がある市町村の農業委員会

6

住民票抄本

1部

譲渡(貸)人が市外居住者の場合

住所地の住民票担当課

7

住民票謄本

1部

譲受(借)人が市外居住者の場合

住所地の住民票担当課

8

固定資産証明書

1部

生前一括贈与等の申請の場合

税務課

9

営農計画書

1部

新規就農者、譲受(借)人が市外居住者などの場合

 

10

  • 委任状(委任者は実印で押印)
  • 委任者の印鑑登録証明書

1部

やむを得ず、当事者以外の方が窓口に来る場合

印鑑登録証明書 市民課

 

その他
農業委員会が必要と認める書類

1部

 

 

申請様式及び上記申請の手引き書(必要な方は、下記ファイルをダウンロードしてください。)

申請の際は、申請書は3部、申請書(別添)は1部出力し記入してください。
申請書のサイズはA3です。

関連情報

転用目的で農地を売買・賃貸借する場合には許可が必要です!!

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)