ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 総務課 > 改元による年表示や年度表示について

本文

改元による年表示や年度表示について

印刷用ページを表示する 更新日:2019年4月23日更新
<外部リンク>

 2019年5月1日から元号が「令和」に改正されます。市では、元号の年表示や年度表示は、国に準じて次のように取り扱います。


 

  • 4月30日までに作成する文書は、5月1日以降の日付を「平成」で表示します。5月1日以降は「令和」に読み替えます。

 

  • 5月1日以降に行う申請などで、5月1日以降の日付の記載欄に「平成」が表示されているものは、必要に応じて「令和」に修正します。

 

  • 4月30日までに「平成31年度」と表示して取り扱った固定資産税や市・県民税、介護保険料、保育料などは、年度途中で表示が変わると混乱するおそれがあるため、5月1日以降も「平成31年度」と表示して取り扱います。それ以外で特に影響のないものは「令和元年度」と表示します。

 

  • 市が作成する文書において、必要に応じて注意書きや読み替え規定を挿入する等の措置を講じるものとします

 

※ 5月1日以降の日付が「平成」と表示されたままでも有効です。 

 

元号の表示例
時期

2019年

4月30日

2019年

5月1日

2020年

3月31日

2019年度 2020年度

2019年

4月30日まで

平成31年

4月30日

平成31年

5月1日

平成32年

3月31日

平成31年度

平成32年度

2019年

5月1日から

平成31年

4月30日

令和元年

5月1日

令和2年

3月31日

平成31年度

令和2年度

和元年度