ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 政策企画課広聴広報係 > 厚生労働省が毎月勤労統計調査に係る雇用保険などの追加給付手続きを進めています

本文

厚生労働省が毎月勤労統計調査に係る雇用保険などの追加給付手続きを進めています

印刷用ページを表示する 更新日:2019年3月12日更新
<外部リンク>

 厚生労働省が実施している毎月勤労統計調査において、対象となる企業全てを調査せず一部抽出調査としたため、この調査の平均給与額の変動を基礎に算定している雇用保険、労災保険、船員保険の給付額に影響が生じています。

 厚生労働省では、本来の額よりも多く支給を受けていた方には返還を求めませんが、追加給付が必要になる方には平成16年(2004年)以降分を、遡って再計算し順次給付を行うこととしています。

 対象者は推計で延べ1973万人と見られており、厚生労働省にデータが残っている個人や企業については、今後、通知をするとのことですが、データが残っていない人はおよそ1000万人に上るとみられることから、心当たりのある方は厚生労働省が設置する相談窓口に相談してほしいと呼びかけています。

詳しくは、問い合わせ専用ダイヤルにお問い合わせいただくか、厚生労働省ホームページをご覧ください。

対象・問い合わせ専用ダイヤル

雇用保険 電話0120-952-807 (事業主向け助成金の問い合わせを含む)

労災保険 電話0120-952-824

船員保険 電話0120-843-547 または0120-830-008

問い合わせ受付時間

平日 午前8時30分~午後8時

土日祝 午前8時30分~午後5時15分

厚生労働省ホームページ

厚生労働省ホームページはこちらから<外部リンク>