ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 食農連携推進室 > 第2次奥州市地域6次産業化ビジョンを策定しました

本文

第2次奥州市地域6次産業化ビジョンを策定しました

印刷用ページを表示する 更新日:2017年4月7日更新
<外部リンク>

マークの画像

 奥州市では、基幹産業の「農業」を基軸とした地域ぐるみの産業振興を力強く取り組むため「第2次奥州市地域6次産業化ビジョン」を策定しました。

基本理念

 『食の黄金文化・奥州』の実現による地域産業振興の推進

3つの基本方針

  1. う米(まい)
  2. きれい田(だ)
  3. 行きた稲(いね)

 奥州市の地域イメージ・実体を活かして、奥州市の認知度を高めながら、さらに「食の黄金文化・奥州」にふさわしく、農業・食・自然環境・人などの魅力的な地域資源を地域ぐるみの産業連関によって磨きをかけていく取り組みをしていきます。

ダウンロード

第2次奥州市地域6次産業化ビジョン [PDFファイル/2.13MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)